他関連ページ







home当院について広報誌・コラム他コラム・その他

山陽新聞夕刊「一日一題」

倉敷の街

倉敷に来てから5年がたった。私は少年期を松山で過ごし、
その後再び松山に戻り大学の教職に就いて長く過ごした。

松山は市の中心に城があり、市街地のどこからでも見上げることができた。
城を囲む市街は碁盤の目に整頓され見通せた。
松山で育ったものにとって倉敷は街の景観が随分と違う。

倉敷は周辺の市町村をのみ込んで人口は40万余にもなるというが、
田舎の雰囲気がそこかしこに残る。
先の大戦で空襲を受けなかったこともあり、
時代の流れに沿って自然発生的に成長してきた町々はそのまま残り、
それらをつなぐ通りは迷路のように細く曲がりくねる。松山の整然とした町並みに慣れた私には、
なんとも雑然とした街に見えた。

人は年を取るに従って新しい環境に溶け込みにくくなる。私は学生時代岡山に住んでいたので、
何度か倉敷に来たこともあり町のおおよその輪郭も分かっていた。
しかし時を経て終の棲家(ついのすみか)として訪れた倉敷は、
私にはよそよそしく、なじめなかった。
重い経営の課題を抱え、何重にも重なった古い殻を剥ぎ取りながら新たな方向を模索していたとき、
倉敷の街は暗くモノトーンに見えた。街を楽しむ余裕がなかった。

あれから5年。街の路地、用水の流れ、小さな店々が分かるようになってきた。
少しずつ知己が増え、仲間ができた。なによりも事業が着実に前進した。
不思議なもので倉敷の古い町並みがかえって柔らかくゆったりと感じられるようになってきた。
いま自分が少しずつ倉敷の町に溶け込んでいくのを実感している。

※2012年6月2日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

倉敷の清流

倉敷人の街の自慢は、蔵造りの建物が柳の川面に映える美観地区、その中にある大原美術館、
それと天領であったという倉敷の歴史であろうか。

しかし私が倉敷で心ひかれるのは市街を流れる幾筋もの清流、用水である。水は高梁川から引かれ、
酒津の樋門(ひもん)から倉敷一帯、そして対岸の玉島地区へも分流していく。
私の住まいのすぐそばにもその一本が流れており、
古い家々がひしめく街並みを斜めに切り病院のすぐそばを流れていく。
私は毎日この流れに沿って通勤している。水の流れにはいつも見入ってしまう魅力がある。

倉敷は古くより高梁川と深い関わりを持って発展してきた。
高梁川が倉敷の地を広げ、田畑を潤し、水運を盛んにした。
一方で高梁川は度々大氾濫を起こし、明治に入っても周辺地域に何度も壊滅的な被害をもたらした。

このため明治40年大規模な治水工事に着手した。
当時高梁川は清音村古池辺りで東西の2流に分かれていたが東流を酒津で遮り、
西流(現在の高梁川)に合流させ一本化し、
同時に酒津から取水し倉敷一帯を灌漑(かんがい)するというのである。
周辺農民の水利権も複雑に絡み、工事完成までに十数年を要した。今、東流跡は市街地となり、
中を南部用水、水島臨海鉄道が走る。

私は倉敷市街を流れる用水を見る度に、この流れを街の景観づくりに生かせないかと思う。
これほどの街で市中を幾筋もの清流が流れるところは少ない。
しかし残念ながら美観地区を抜ける倉敷川を除いては、景観づくりに生かされているとは言い難い。
清流の魅力を生かすため高速道路を撤去した隣国の話も聞く。
毎年倉敷を訪れる数百万人の観光客のためにも、この地に生活をする市民のためにも、
市中の流れにもう少し趣を添えてくれるとうれしいのだが。

※2012年6月9日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

いのちを支える

一般には麻酔は1846年10月16日に米国の歯科医モートンがエーテルを用いて始めたとされる。
こんなに明確なのはこの日に公開実験を行い成功したからである。
もちろん歴史的には華岡青洲が先であるし、他の先達の試行錯誤があった。

麻酔の出現まで手術は悲惨を極めた。ロンドン病院では手術の前に鐘を鳴らした。
患者を押さえる人々を呼び集め、悲鳴は手術によるものであると周囲に知らせるためである。

麻酔と消毒法の発明・発見は手術の適応範囲を飛躍的に拡大させ、
その50年の間に人の寿命が35歳から50歳に延長した。
しかし当初麻酔は決して安全なものではなく、犠牲者も少なくはなかった。
麻酔科医にとって手術患者の安全確保は天命である。
安全な麻酔薬や麻酔法の開発、呼吸や循環系への作用薬、サポート技術、
モニターの開発に努力が重ねられてきた。私の知るこの40年間に麻酔の安全性は飛躍的に上昇し、
現在わが国においては純粋に麻酔に起因する重篤事故はほとんどない。

安全性の確保と同時に進められたのは手術後の苦痛の軽減である。
今、心ある麻酔科医の常駐する病院では手術後の苦痛は最小に抑えられている。
手術をしたのだから痛い苦しいのは当然である、は医師の怠慢である。

先日陛下が冠動脈バイパス手術を受けられた。
陛下は手術後麻酔からすぐに覚醒し、ご家族に手をさすられると「気持ちいい」と答えられたという。
開胸手術という大手術にもかかわらず手術後すぐに覚醒し、気持ちいいという言葉が出る。
そこには穏やかさがある。
手術が安全に終了し、患者に苦痛がないからこそ出るお言葉である。
報道には一度も出てこなかったが、大役を全うされた麻酔科の方々の労を、
私は心の底からねぎらった。

※2012年6月16日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

フローラ・ハイマン

フローラ・ハイマンはダイエーのバレーボール選手として大活躍をしていたが、
1986年1月22日松江での日本リーグの試合中に亡くなった。

私はそのシーンをテレビで見ていた。
ネット横のベンチに座っていた彼女が突然コートの方へうつぶせに崩れ落ちた。
少しして選手たちが恐る恐る周囲に集まった。
が、ただ立っているだけで誰も何もしなかった。何とかしろよ。私は思わず声を出した。
もし心停止なら数分で重大な脳障害を残し、心拍の再開も難しい。
10分以上も経過して担架が到着し彼女は搬出された。
しかし結局その間誰も何もしなかった。

この状況は全米のテレビでも放送され「何もしない日本人」と強い非難を浴びた。
当時欧米では市民による心肺蘇生はすでに当然の行為であったが、日本では無いに等しかった。
実態は「何をすべきか分からない日本人」だったのである。

その後も同様の事故が重なり、救急救命士制度の設立や市民研修の拡大につながってきた。
しかし昨年、練習中に倒れ死亡したサッカーの松田選手の場合に見るように、
システム的な対応はまだ不十分である。

突然の心停止はほとんどの場合心室細動である。
治療には除細動器またはAEDが必須で、
除細動までの時間が短いほど救命率は高い。
人が突然倒れ、意識と呼吸が無ければ心停止である。
直ちに救急隊(除細動器携行)を呼び、到着まで胸骨圧迫(心マッサージ)を続ける。
緊急事態の中でこれを正しく行うためには繰り返し訓練を行う必要がある。
どうすればいいか分かれば一歩踏み出して「何かする日本人」になれる。

当院では毎年新生児と成人の心肺蘇生法の講習会を行っている。
受講者はグループに分かれ、指導者と一体になって一連の処置法を学習する。
会場は終日笑いと熱気に包まれる。

※2012年6月23日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

まさひろ君

先日ダウン症の書家金澤翔子さんが新聞に紹介されていた。
背景に力強い彼女の書「共に生きる」が見えた。私はまさひろ君を思い出した。

まさひろ君と初めて会ったのは彼が2歳半のころであった。
健康な長男として生まれたが母親が目を離した隙にはって風呂に落ちた。
蘇生はできたが脳障害が残り、気管切開孔からチューブを入れ機械呼吸を続けていた。
受診時にはこのチューブから自発呼吸ができていた。
来院はチューブを抜いて口から自然呼吸をさせるためである。

気管切開チューブの抜管で問題なのは、抜管後の粘膜の腫れと切開孔の閉塞時にできる肉芽で、
どちらも内腔5ミリに満たない気管腔を閉塞する。
2年間試行を重ねたが、いずれも抜管すると短時間で呼吸困難に陥った。
結局気管が十分太くなるまで待つことにした。
この2年間母親は家庭も自分も捨て病室で寝泊まりした。
彼は24時間気管吸引が必要だったのだ。

2年後彼は小学校の普通クラスに入学した。母親の切なる願いだ。
チューブがあっても母親と同伴なら危険はないと私が嘆願書を書いた。
そして二人は一緒に学校に通い教室に座った。
その後消息は途切れていた。

ある朝、新聞紙上で全国の書道展を見た。
最上段に内閣総理大臣賞を受けた小学生の書があった。「生きる」と書かれていた。
筆をいっぱいに押しつけ、一気に書き抜いた、力みなぎる書であった。私は圧倒された。
そこに小学6年生の彼の署名を見つけたとき、感動のあまり 嗚咽がこみ上げた。

数日後病院内で彼にばったり会った。左手で廊下の手すりをつかみ、引きずるように歩いていた。
あの書は少し動きの良い左手で書いた、中学は養護学校へ行くとはにかんで言った。
あの書と彼の人生を今も思う。

※2012年6月30日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

見せかけの礼儀

世情が冷たくなり他者に対する無関心が嘆かれている一方、
特にサービス業では行き過ぎと思える礼儀正しさが横行している。
枚挙にはいとまが無い。

新幹線では車掌も販売員も車両に入る度、出る度に帽子を脱いでお辞儀をする。
デパートでは従業員が休憩所から販売フロアに出入りするときフロアに向かってお辞儀をする。
驚くのは売り場の一隅にある喫茶店に売り場フロアから出入りする店員が喫茶店に向かい
深々とお辞儀をすることである。
さらには購入した商品をカウンター越しに客に渡すのは失礼として客の横に回り、
しかも売り場の区画外までついて来て恭しく差し出し、客を見送る。
立ち去った車に深々と頭を下げるガソリンスタンドの店員と同じである。
一方病院では患者を呼ぶ際に「様」をつけた。納まりが悪く揺り戻している。

先日新幹線のグリーン車で発券をお願いしたとき、
専従の女性車掌は揺れる車内でスカートの裾を気にしながら通路に片膝をついて発券した。
ちょっと格好をした喫茶店などで店員がフロアに片膝をついてコーヒーを恭しく注ぐ、あれである。
案の定彼女はよろけて通路に手を付いた。
立って書いてくださいと言ったが、彼女は決まりだからとそのままの姿勢で発券し終わった。

このような行き過ぎとも思える礼儀正しさは
外食店で若い店員をしつけるためのマニュアル化に端を発するとも言われる。
とにかく形だけでも整えようというのだ。
形から入るのは日本文化の特徴で、形ができれば魂はやがて宿るとの考えであろうが、
現今は魂はさて置いて形の追求のみが先鋭化している。

あまりにも礼儀正しいとあきれが先に立ち、気の毒にもなり、また不愉快にさえなる。
もう少し成熟した親しみのある礼儀があっていいのではないか。

※2012年7月7日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

アメリカ人の正義

マイアミに隣接するフォート・ローダデール(FL)で開催された
春の学術集会に出席したときのことである。
成田で前泊し13時間ほどのフライトで昼前に中継地シカゴ空港に着いた。
ここで7時間待ってやっと出発時間になった夕方、飛行場が吹雪に見舞われた。
滑走路や飛行機の除雪、防氷で遅れシカゴ離陸が夜の9時、FL到着が午前1時、
ホテルに着いたのは午前2時であった。
成田を出てから30時間。疲れが重くのしかかっていた。

ホテルの広いロビーはガランとして、
受付カウンターの左端で受付嬢が2人の老婦人を相手にしているのみであった。
私はこの老婦人方の4、5歩後ろに並んだ。
連れはソファに倒れ込んで動かない。婦人方の話は長い。受付嬢は根気よく聞いていた。

そこに3人組のでっぷりとした白人男性が入って来てカウンターの右端に陣取り声高に談笑を始めた。
その声を聞いてか新たな受付係が現れカウンター中央に立った。
ヒスパニック系の30代半ばのキリッとした男性であった。
すると当然のように、そして私が予感したようにカウンター右端にいた3人がスッと彼の前に並んだ。
私は思わず舌打ちをした。
ズルい、私が先だ。私はずっと待っているんだ。でも、どうする…。

その時であった。かの受付男性が私を指さしながらよく通る声で言った。
「彼が先です」。彼は3人組を押しのけるように手を伸ばし私を招いた。
3人組は私を一瞥した。
が、黙って右端に戻った。私は感激した。大げさであるが私はアメリカの正義を見た思いであった。
言うべきことをはっきり言う勇気。
アメリカのマイノリティーであることが彼をより毅然とさせたのかもしれない。
どちらにせよ旅の疲れが飛んでゆく爽快感を感じた。

※2012年7月14日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

英語を話す

外国に行って最も困るのは言葉である。
私も何年か米国に住んだことがあるので言葉を話せないつらさは身に染みている。
よく1年居たら大体分かるようになると言うが、
1年居たら話の見当がつくようになるというのが本当だろう。
少し内容が濃くなると1年では無理である。講師のジョークにどっと沸くクラス。
皆が笑うからまねして笑う惨めさ。

S銀行のニューヨーク支店長がゴルフ中に倒れ、われわれの病院で緊急開頭手術が行われた。
当時麻酔科レジデント研修中であった私が麻酔を担当した。
手術は4時間ほどで終了したが、回復室で彼が全く英語が分からないことに看護師が気付いた。
私が日本語で話すと理解できるから意識状態が悪いわけではない。
翌日病室に帰ったがここからも私にお呼びがかかった。
プライベート看護師が付いていたが全く意思疎通ができないのだ。
私はその後時間を見つけては話しに行った。

S銀行といえばどなたもご存じの一流都市銀行である。そのニューヨーク支店長が英語が分からない。
これは意外であった。が、今理解もできる。当時彼は50歳前後で大正の生まれであろう。
この時期の日本人がどのような英語教育を受けていたか。
Sometimesをソメチメスと発音する環境に居たのかもしれない。
日本式英語の読み書きに通じていても本当の音を聴く機会が無かったのかもしれない。
英語の音が分からぬまま英語の世界に飛び込んで、英語に堪能な部下の上に立ち、
私以上に惨めな思いをしたに違いない。
彼は後遺症なく完全回復しウォルドルフ・アストリアホテルで大々的な祝賀会が行われた。

数年後日本で彼が関連会社へ社長として出向するという記事を見た。
頭取の有力候補であったが手術をしたことが影響したと聞いた。
日本ではいささかのキズも許されない。

※2012年7月21日付記事 (新井 達潤 先生)

山陽新聞夕刊「一日一題」

機内の宴

私はこれまで国際便の機内で意識不明に陥った4人の乗客の手当てをしたことがある。
原因は全て脳の低酸素によると考えている。

国際便は空気抵抗を少なくするために高度1万メートルを飛行する。
気圧は地上の約3分の1である。
機内外の気圧差が大きいと機体に負担がかかるため、機内圧を0・8~0・7気圧に下げる。
当然酸素濃度も地上の70~80%となる。気圧が低いと血管が広がり血圧も下がる。
さらに長時間座ると血液が下肢にたまる。
つまり国際便では低酸素と低血圧で脳低酸素症準備状態になる。
ここにアルコールが加わると血圧はより低下し、
また立ち上がると下半身の血液が脳に届かなくなり意識消失につながる。

1人目、2人目ともご婦人でどちらもトイレに立ち数歩あるいて通路に倒れた。
1、2分で脈拍がかすかに触れ、
呼吸も認められた。意識は数分で回復した。目的地まで座席に横たえた。

3人目もご婦人で医師を探す放送が何度も流れた。
エコノミーの最後部へ走ると顔は土色で冷や汗でぬれていた。
意識はなく呼吸も脈拍(手首)も感知できなかった。
乗務員と椅子から抱き上げ通路に横たえ両足を高く持ち上げた。
やがてかすかな脈が触れるようになった。

この時後ろの席にも意識をなくした男性が発見され、同様の手当てをした。
2人は意識がはっきりしなかったが空港病院で回復した。
皆さん仲間旅行で、機内での宴を楽しんだ結果である。後の2人は酔ったまま意識を消失している。
発見が遅れたら危なかった。深酒を避け水分を補い時々足を動かすことが肝要である。

手当ては頭部を低く保ち(起こさない!)、下肢を高くし脳血流を増やすことである。
これで呼吸・脈拍が戻らなければ心肺蘇生を行わねばならない。

※2012年7月28日付記事 (新井 達潤 先生)