他関連ページ





homeがん診療について副腎腫瘍

c10

c10

副腎腫瘍とは

副腎は左右腎臓の上に接する、数cmのホルモンを分泌する臓器です。

ホルモンは健常人では過不足無く適切な量が産生されるように調節され健康が維持されますが、
副腎に腫瘍ができるとこれらのいずれかのホルモンのバランスが崩れ、多彩な症状をおこすことがあります。

ホルモンを異常に産生する副腎腫瘍は摘除術の適応になります。

【当院の特徴】

副腎腫瘍は比較的小さい腫瘍ですが、おなかの奥の方にあるために従来の開腹術の場合は
大きな切開が必要でした。

当院では現在ほとんどの副腎摘除術を腹腔鏡下にて行っております。

手術は5mmから10mmの4つの傷で行います。術後の疼痛もわずかで回復も早く、
入院は約10日間です。

関連診療科はこちら

>泌尿器科