他関連ページ





c2

c2

肝がんとは

肝がんには、転移性肝がんと原発性肝がんの2つがあります。
転移性肝がんとは、他の臓器のがん細胞が肝臓に広がった肝がんのことです。

原発性肝がんとは、肝臓に存在する細胞(肝細胞や胆管細胞など)ががん化したもので、約95%は肝細胞がんです。他には胆管細胞がん(肝内胆管がん)などがありますが、肝がんといえば主に肝細胞がんのことを指します。

肝がんの原因は、B型肝炎が15%,C型肝炎関連が75%で肝炎ウイルス感染が約90%を占めます。アルコール飲酒や脂肪肝などが併発すると発がん率がさらに上昇します。

日本での肝臓病の患者数は、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がんなどを合計すると、約200~300万人と言われています。

最近の日本での肝細胞がんの年間死亡数は、男性では約2万人(死因4位)、女性では約1万人(死因6位)です。
肝硬変の死亡数2万人も合わせると、肝臓病での年間死亡数は約5万人となっています。

 

肝がんの症状

肝機能には余力(予備能力)がたくさんあるため、慢性肝炎や肝硬変では、ほとんど症状がなく、肝がんが発生
しても大部分の患者さんに症状はありません。このため肝臓は「沈黙の臓器」といわれています。

黄疸や腹水、意識障害(肝性脳症)などの肝不全症状は、肝臓病が進行した症状で、末期に近い状態なのです。
したがって、無症状の時期での定期検診(血液検査,画像検査)が重要と思われます。

【当院の特徴】

当院での肝疾患の治療は、肝がんを発生させないことを主眼においています。

そのために、C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療あるいはB型慢性肝炎に対する核酸アナログ製剤を中心とした肝疾患のコントロールが重要です。また、アルコール制限や脂肪肝の予防などの指導も行っています。

しかし、現実には肝がんの発生を100%予防することはできません。
肝がんには他のがんとは異なる特徴がありますので、それを踏まえた対応あるいは治療選択を行う必要があるものと考えています。

<肝がんの3つの特徴と当院での対応>

【1】

肝がんには7つの危険因子があります。

(1)男性 (2)高齢者 (3)肝機能異常(肝繊維化の進行例)
(4)B、C型肝炎ウイルス感染 (5)アルコール (6)肥満、脂肪肝 (7)鉄過剰

前述のように、B型肝炎あるいはC型肝炎ウイルスに感染している患者さんに肝がんが発生しやすいので、まずは肝炎ウイルスに感染しているか否かの血液検査を受けることが重要です。

もし肝炎ウイルスに感染していれば、アルコール制限や脂肪肝の予防が必要です。そして肝臓専門医の経過観察を受ける必要があります。

【2】

 肝がんにおいては特有の症状はありません。

このため定期検診による早期発見に努める必要があります。

とくにB型肝炎、C型肝炎あるいは肝硬変の患者さんには、肝腫瘍マーカー(αフェトプロテイン、PIVKAⅡなど)を1~3か月毎に採血検査することが勧められています。また、腹部超音波(エコー)検査は2~6か月毎に行います。造影CT検査や造影MRI検査は、病状に応じて3か月~2年毎に検査を行います。

具体的には、かかりつけの先生(医院)にて血液検査を受け、基幹病院で画像検査を受け、患者情報は共有するという病診連携が重要と思われます。

【3】

肝がんは治療後に高率に何度も再発を繰り返す特徴があります。

初発肝がんが完治出来ても、肝臓の別の場所に高率に再発するがんです。
治療後、3年以内に6-7割以上の患者さんに再発がみられます。
このため、初発肝がんを完治させることはもちろんのこと、再発しても十分に再治療ができる治療法を選択する必要があります。また、再発させない治療を併用することも重要です。

肝がん治療には、外科的治療(肝切除)と肝がんの局所治療(経皮的ラジオ波焼灼療法など)
さらにカテーテルを用いた肝動脈塞栓療法が主に行われています。

>肝臓病治療センター「肝がんQ&A」にも説明があります。

これらの治療法の選択には、肝機能の状態(肝予備能力)と肝がんの状態(腫瘍の大きさと個数)とをみて総合的に判断しますが、出来るだけ小さな時期に肝がんを発見することが重要です。
また、肝がんは高率に再発を繰り返すことから治療により肝機能を悪化させない治療法(次の治療を考えた治療)を選択する必要があります。

当院では上記を踏まえた低侵襲な肝がん治療を行っています。
 
肝がんが小さい場合(1.5~2cm以下)
経皮的ラジオ波焼灼療法を行います。

当院では超音波機器やラジオ波の機器を病室に移動し、患者さんの部屋で治療を行います。
鎮痛に関しては、皮膚から肝臓表面まで十分に局所麻酔を注射し、また点滴からも麻酔薬を注射しながら治療しますので、ほとんどの患者さんは治療終了時には眠っている状態です。

ラジオ波焼灼時間が12分~18分程度で、腫瘍を中心に約3cmの範囲で温度が70~80℃となります。肝がんは焼灼壊死となるため完治し、肝機能への負担も少ない低侵襲の治療法です。
 
肝がんがやや大きい場合(2~3cm程度)
カテーテルを用いた肝動脈塞栓術(肝動脈から腫瘍への栄養血管に抗がん剤や塞栓物質を注入し腫瘍への血流を遮断する治療)と経皮的ラジオ波焼灼療法との併用療法を行います。

一般には肝動脈塞栓術を行った数週間後にラジオ波治療を行う施設が多いですが、
当院では同日同時に併用療法を行っています。

放射線科の血管造影室において超音波やラジオ波の機器を移動し、当科の医師のほかに放射線科の医師、レントゲン技師やME技師、看護師とでチーム医療を行います。

まず右大腿動脈からカテーテルを挿入し、肝動脈から腫瘍栄養血管までマイクロカテーテルを挿入します。同時に、前述のように超音波ガイド下にラジオ波の電極針を肝腫瘍内に穿刺します。カテーテルから抗がん剤や塞栓物質の注入が始まった頃から、ラジオ波照射を開始し両者同時に治療を行っています。十分な鎮痛鎮静剤を使用しますので、治療終了時には患者さんは眠っている方がほとんどです。

同時併用治療によるメリットとして腫瘍血流が低下するため、ラジオ波照射による腫瘍温度が高くなり、より大きな焼灼壊死が得られ肝がんが完治します。

また同日治療のため退院までの期間が短くなり、医療費の節約となります。
 
肝がんを再発させないために

肝がんを再発させないためには、やはりインターフェロン治療によるウイルス駆除が重要です。

ウイルスが排除出来ない場合でも、インターフェロン少量の投与でがん再発が抑制される場合があります。アルコール制限、脂肪肝予防も肝がん再発抑制には必要と思われます。

肝がん治療後には、定期検診にて小さな時期に肝がんの発見をすることが重要です。

関連診療科はこちら

>肝臓病治療センター >外科 >放射線科