他関連ページ











homeオプション検査ピロリ菌抗体検査

ピロリ菌は、人の胃粘膜の表面や細胞の間に入り込んで炎症を起こします。
30歳代以下の人は感染率が低いのですが、
40歳以上では、70~80%の人がピロリ菌に感染しています。

このピロリ菌は、血液検査でお調べできます。採血量は通常と変わりません。

人間ドックのコースによって、料金が異なる場合があります。


ピロリ菌に感染していることが分かったら

薬で除菌することができます。
ただし、ピロリ菌に感染した人の中で除菌治療が勧められるのは胃潰瘍・十二指腸潰瘍の
患者さんです。

除菌治療が終わっても、油断は禁物。

除菌治療終了後4週間以上たってから、
除菌治療に成功したかどうかを検査するための来院が必要です。

除菌成功後も1~2年に1回は経過を診るために通院することをお勧めします。

>オプション検査(オプション検査一覧表)にもどる