他関連ページ











homeオプション検査女性ホルモンチェック

40代になると急激にエストロゲン量が減少します。
この変化が身体や心に様々な影響を及ぼし、
「更年期症状」として現れます。

この検査は、血液検査でお調べできます。
採血量は通常と変わりません。

人間ドックのコースによって、料金が異なる場合があります。


こんな方におすすめ

顔のほてり

発汗

めまい

息切れ

腰痛

イライラ

憂鬱

不眠

のぼせ

頭痛

動悸

肩こり

手足の冷え

不安

無気力

opt15

エストロゲンの働き

排卵・月経を起こす

骨形成を促す

乳房細胞の増殖

コレステロールを下げる

血圧を下げる

動脈硬化の抑制

肌の潤い・コラーゲンを保つ

 

まずは気軽に女性ホルモン量をチェックしてみませんか?

更年期に入った女性の多くは、様々な不快な症状を訴えます。
その症状とエストロゲン(女性ホルモン)の急激な減少とは密接に関係し、
生活環境やストレス・性格なども症状の強さや内容に影響を及ぼす因子となります。

症状を予防したり和らげたりするには、規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないことが大切です。
症状がつらい場合は婦人科にご相談ください。

漢方薬やカウンセリング、ホルモン補充療法などによって症状が改善することがあります。
また、症状が強くなってからでは治療に費用や時間がかかってしまうこともあります。

女性ホルモンと骨密度は密接に関係します。
 女性ホルモンチェックも簡単な検査で調べられます。

>オプション検査(オプション検査一覧表)にもどる