他関連ページ











homeオプション検査リウマチ検査(RFと抗CCP抗体)

血液中のリウマチ因子を調べる検査です。
RFの値は、リウマチ以外の疾患でも高値になる場合があります。

当センターではRFに加えて、新たに抗CCP抗体も測定するようになりました。
抗CCP抗体の検査を追加することによって、より早期にリウマチの発症を
予測することができます。

少量の血液で検査できるので、採血量は今までと変わりません。

人間ドックのコースによって、料金が異なる場合があります。


こんな方におすすめ

関節の腫れや痛みがある

朝のこわばり(関節が動かないこと)がある

雨の日や、寒い日に関節の痛みが強くなる

リウマチの症状となりやすい年齢層・性別

関節が炎症する病気『リウマチ』の症状

リウマチは体の関節に炎症が起こり、痛み、腫れ、変形を引き起こす病気です。
関節症状の他に、全身倦怠感や、発熱などの症状がみられる事もあります。

リウマチになりやすい年齢層と性別

リウマチは、30歳代から50歳代に多く、男性より女性に起こりやすいと言われています。

>オプション検査(オプション検査一覧表)にもどる