他関連ページ







全自動免疫装置 アーキテクトi4000SRを導入

2096

同じ装置を2台連結させ 腫瘍マーカー、ホルモン、
肝炎マーカーなど、多岐にわたる項目を効率よく測定
出来るようになりました。