他関連ページ







生理検査部門

〈1〉心電図検査

2102

心臓の動きを電気信号として記録したものです。
両手、両足、胸に電極をつけて検査します。
ストッキング等は、脱いでもらいます。
不整脈、心肥大、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)、
電解質異常などがわかります。

2102

 

〈2〉運動負荷心電図

運動により、心臓に負担をかけて、安静状態ではみられない虚血性心疾患や、運動誘発不整脈などを調べます。
2段の凸型階段を上がったり、降りたりする「マスター運動負荷試験」があります。

 

〈3〉ホルター心電図検査

携帯型の心電図記録器を装着して、24時間の心電図を記録します。
同時に血圧を記録できるタイプもあります。

機器を装着したまま日常生活をすることで、通常の心電図検査では捉えることのできない不整脈などがわかります。
普段通りの生活をしていただきますが、お風呂に入ることはできません。
激しい運動も控えていただきます(ウォーキング程度は可)。

また、装着中の行動や自覚症状の有無について、その時間や内容についての記録をお願いしています。

 

〈4〉肺機能検査

肺の働きを調べる検査で、鼻を閉じて、口だけの呼吸で検査します。

肺活量、フローボリューム曲線、機能的残気量、肺拡散能力といった項目があります。
呼吸器疾患の有無や程度、その経過観察などや、手術前のスクリーニング検査としても行います。

肺の機能を調べるためにとても重要な検査ですが、患者さんの努力と協力がなくてはできない検査ですので、
検査技師の指示に従いご協力をお願いします。

 

2102

〈5〉超音波検査

体にゼリーをつけて、超音波をあて、その反射を映像化して形態的な異常の
有無を調べることができます。

心臓、上腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓など)、
下腹部(膀胱、前立腺、子宮、卵巣など)、
体表臓器(乳腺、甲状腺、頚動脈など)など全身に用いることができ、
ドプラー検査を用いると、血液の流れや動きを知ることができます。

上腹部の検査は、絶食で行います。
(特に胆嚢は食事の影響を受けやすいです。)

膀胱・前立腺の検査は、尿を貯めた状態で行います。
(尿が貯まっている方が見えやすいため。)

日立アロカ社製 超音波検査装置「ARIETTA70」を導入

従来よりも全体的に画質が向上し、より細部まで観察できるようになりました。

2012-

 

〈6〉脳波検査

脳の神経細胞から発生する電気活動を、頭皮上の電極で記録します。
頭や耳に電極をつけて検査します。
検査自体は約1時間程度ですが、その中で覚醒時と睡眠時の記録を行うため、睡眠不足で来院していただくよう
お願いしています。

てんかん、脳血管障害、脳炎、髄膜炎、脳腫瘍、頭部外傷、頭痛、めまい、精神疾患などが疑われるときに
検査します。

2102

 

2012-

〈7〉その他の神経生理機能検査

誘発電位検査
聴覚誘発電位(ABR)、視覚誘発電位(VEP)、体性感覚誘発電位(SEP,
SSEP)など

誘発筋電図検査
神経伝導検査(MCS,SCS)、瞬目反射など

針筋電図検査

新生児聴覚スクリーニング検査(自動聴性脳幹反応)

各種聴力検査
(純音聴力検査、誘発耳音響放射、歪成分耳音響放射など)

 

2012--