他関連ページ







チーム医療への参画

当院の薬剤師は様々なチーム医療に参加し活躍していますが、その中でも代表的なチーム医療の活動についてご紹介します。

≪緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team≫

PCT医師・緩和ケア認定看護師・緩和薬物療法認定薬剤師を含むメンバーで、主治医から依頼のあった患者さんについて毎週1回ラウンドを行っています。身体の痛みだけでなく、心の痛みや痛み以外のつらい症状についても、少しでも患者さんの苦痛が楽になり、その方の望む生活が送れるようにお手伝いしています。その中で薬剤師としては特に、患者さんの症状や状態に合わせた薬剤選択や投与経路などを考え、患者さんの持つ様々な問題の解決、軽減を目指しています。

 

≪栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)≫

医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚療法士。医事課職員・医療ソーシャルワーカーが集まって、栄養状態の良くない患者さんがどうしたら必要な栄養を摂ることが出来るのかについて毎週1回カンファレンスを行っています。食べることが出来る人には食事の内容の工夫を提案しますが、口から食事がとれない場合には点滴やその他の栄養投与方法を考えます。入院前にどのような食事を摂取していたかや、急激な体重の変化がなかったか、血液データはどうなっているか、等も重要な情報です。患者さんの体格や状態に必要なカロリーの計算や、適切な栄養食品の選択についても検討しています。

 

≪ICT・AST

ICT及びASTは院内感染対策や抗菌薬適正使用に関する支援を実施しており、医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、臨床工学技師、ナーシングエイド、医事課職員から構成されています。

【感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)】
感染管理に関する活動を実施しており、院内で発生する様々な感染症から患者さんや職員を守るため、院内を組織横断的に活動しています。薬剤師は抗菌薬サーベイランス、医薬品や消毒品の管理と使用方法の指導、感染対策研修会の実施などを行っています。また週1回ICTメンバーとラウンドを実施し、環境整備にも貢献しています。

 

【抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)】
抗菌薬適正使用推進を目的に活動しており、感染症治療の支援を行います。薬剤師は抗菌薬使用患者を抽出しモニタリングするとともに、必要時ガイドラインや文献に基づいた提案を実施し、処方医へフィードバックしています。また抗菌薬使用状況の定期的な評価やモニタリングの実施、抗菌薬使用に関するマニュアルの作成、抗菌薬採用の検討など幅広く活動しています。また週1回抗菌薬ラウンドを実施し、抗菌薬適正使用の支援を行っています。