他関連ページ







マンモグラフィ装置を更新しました。

マンモグラフィ装置を更新しました。
当院では2018年1月より、トモシンセシス(3D)を搭載した最新鋭のデジタルマンモグラフィ装置を設置しました。
この装置は、患者さんが出来る限り快適な検査を受けられるよう工夫されています。
少量のX線量で質の高い画像を撮影でき、高い病変描出能力をもっています。
新しい技術トモシンセシス(3D)により、奥行きデータを収集し薄いスライスに画像再構成して
観察することによって乳腺の重なりを解消し、より精度の高い情報を得ることができます。

GEヘルスケア・ジャパン製:Senographe Pristina (Digital Breast Tomosynthesis)

前回の装置と比較して
・トモシンセシス(3D)が搭載されました。
・患者さんの不安や負担を和らげる機能を備えたやわらかなデザインです。
・スピーディーな画像表示により短時間で検査が終わります。
・質の高い画質で小病変の描出に威力を発揮します。