他関連ページ







放射線システム

2006

放射線技術科システム

放射線技術科部門情報管理システム(RIS)を
Rapideye Agent(東芝社製)に更新しました。

従来のシステムより操作は簡便になり、
情報処理速度が向上しました。

 

 

 

 

患者サービスの向上

(1) 検査待ち時間の短縮

検査依頼オーダをオンラインで受信し、すぐに撮影装置にオーダ内容を展開できるので、スピーディに検査を行えます。

(2) 会計待ち時間の短縮

会計情報は、検査の実施登録と同時にリアルタイムで病院情報システム(HIS)に送信されるため、スムーズな会計を実現します。

(3) 検査の信頼性向上

各検査室のRIS端末から、患者さんの検査履歴が参照可能です。また過去画像やレポートも容易に参照できるため、検査目的を明確に把握し、検査の質が向上します。

 

患者さんを第一に考え、待ち時間の短縮や検査の信頼性が向上するシステムです。