他関連ページ







一般撮影部門

一般撮影では、胸部・腹部・整形領域(骨・関節)等の検査を行っています。
FPD DR(Digital Radiography )を用いており、被曝低減にも努めています。
また、良質な画像が提供できるよう撮影技術の向上に日々研鑽しております。

撮影する内容・部位において金属類や衣類が診断の妨げになる場合には、
検査着に着替えたり、指輪等を外すなどの協力をお願いすることがあります。

被曝・撮影等に疑問や質問などございましたら、気軽にスタッフまでお尋ねください。

 

 

FPD(Flat Panel Detector)

当院では、被ばく線量を抑えながらも
高画質画像を撮影できるデジタルX線撮影システムを使用しています。
X線を効率よく使用する最新鋭の撮影システムのため
不要な被曝を避けることができます。
被ばく線量を低く抑えながらも
高画質な画像を撮影できるため患部をしっかり診ることができます。