アメリカ人の正義

マイアミに隣接するフォート・ローダデール(FL)で開催された
春の学術集会に出席したときのことである。
成田で前泊し13時間ほどのフライトで昼前に中継地シカゴ空港に着いた。
ここで7時間待ってやっと出発時間になった夕方、飛行場が吹雪に見舞われた。
滑走路や飛行機の除雪、防氷で遅れシカゴ離陸が夜の9時、FL到着が午前1時、
ホテルに着いたのは午前2時であった。
成田を出てから30時間。疲れが重くのしかかっていた。

ホテルの広いロビーはガランとして、
受付カウンターの左端で受付嬢が2人の老婦人を相手にしているのみであった。
私はこの老婦人方の4、5歩後ろに並んだ。
連れはソファに倒れ込んで動かない。婦人方の話は長い。受付嬢は根気よく聞いていた。

そこに3人組のでっぷりとした白人男性が入って来てカウンターの右端に陣取り声高に談笑を始めた。
その声を聞いてか新たな受付係が現れカウンター中央に立った。
ヒスパニック系の30代半ばのキリッとした男性であった。
すると当然のように、そして私が予感したようにカウンター右端にいた3人がスッと彼の前に並んだ。
私は思わず舌打ちをした。
ズルい、私が先だ。私はずっと待っているんだ。でも、どうする…。

その時であった。かの受付男性が私を指さしながらよく通る声で言った。
「彼が先です」。彼は3人組を押しのけるように手を伸ばし私を招いた。
3人組は私を一瞥した。
が、黙って右端に戻った。私は感激した。大げさであるが私はアメリカの正義を見た思いであった。
言うべきことをはっきり言う勇気。
アメリカのマイノリティーであることが彼をより毅然とさせたのかもしれない。
どちらにせよ旅の疲れが飛んでゆく爽快感を感じた。

※2012年7月14日付記事 (新井 達潤 先生)