homeがん診療連携推進病院・基幹型臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定

h1

「がん診療連携推進病院」とは、都道府県が当該地域においてがん診療の中核的な役割を担うと認めた
病院のことです。
当院は、岡山県知事より平成24年4月1日付けで「がん診療連携推進病院」に認定されました。

>当院のがん診療ページへ

 

主な役割

〈1〉5大がんのうち診療するがんについて集学的治療
〈2〉がん診療の連携協力体制の推進
〈3〉緩和ケアの提供
〈4〉院内がん登録の実施
〈5〉がん患者等への相談支援、情報提供

「がん診療連携推進病院」は、県民がどこに住んでいても標準的ながん医療を受けられる体制の構築を図るために、
一定の水準を満たす医療機関として位置づけられています。
当院の特色を生かした質の高いがん医療を提供するとともに、がん診療連携拠点病院と連携して、
がん医療連携の推進およびがん医療水準の向上に取り組んでまいります。

 

岡山県におけるがん診療連携拠点病院に準じる病院について

県民がどこに住んでいても標準的ながん医療を受けられる体制の構築を図るために、
がん診療連携に積極的な医療機関の中から、一定の水準を満たす医療機関をがん診療連携拠点病院に準じる
病院として位置づけになります。
医療機関の特色を生かした質の高いがん医療を提供するとともに、がん診療連携拠点病院と連携して、
がん医療連携の推進及びがん医療水準の向上に取り組んでいます。

 

がん診療連携推進病院イメージ図

h

 

がん診療連携拠点病院について

がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することを目指して、
都道府県知事による推薦のもと、厚生労働大臣が検討会の意見を踏まえて指定した病院のことです。
がん診療拠点病院には、「都道府県がん診療連携拠点病院」と「地域がん診療連携拠点病院」があります。

>岡山県がん診療連携協議会ホームページ

がん診療連携拠点病院の役割

専門的ながん医療の提供等(手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療の
 実施や治療の初期段階からの緩和ケアの実施等)
 ※医師、看護師、薬剤師等によるチーム医療の提供

地域のがん診療の連携協力体制の構築(研修や診療支援、患者の受入・紹介等)

がん患者に対する相談支援及び情報提供

 

岡山県がん診療連携拠点病院

>岡山大学病院

〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1  TEL:086-223-7151(代表) FAX:086-235-7636

 

地域がん診療連携拠点病院

>岡山済生会総合病院

〒700-0013 岡山市北区伊福町1-17-18
TEL:086-252-2211

>岡山赤十字病院

〒700-8607 岡山市北区青江2-1-1
TEL:086-222-8811 FAX:086-222-8841

>倉敷中央病院

〒710-8602 倉敷市美和1-1-1
TEL:086-422-0210

>津山中央病院

〒708-0841 津山市川崎1756
TEL:0868-21-8111(代表) FAX:0868-21-8201

>国立病院機構岡山医療センター

〒701-1192 岡山市北区田益1711-1
TEL:086-294-9911(代表) FAX:086-294-9255 (代表)

>川崎医科大学附属病院

〒701-0192 倉敷市松島577
TEL:086-462-1111(代表)

 

岡山県におけるがん医療連携体制(参考)

h

↑ページトップ

 

h

基幹型臨床研修指定病院とは、医学部を卒業し、医師免許を取得した医師が卒後2年間、基本的な技術や知識を
身につけるため経験を積み、腕を磨く環境を提供する病院のことです。
当院は、基幹型臨床研修病院として初期・後期研修医を受け入れ、指導医による臨床研修を実施しています。

↑ページトップ

>当院の臨床研修医募集ページ

 

h

h

当センターは、平成13年10月15日公益財団法人日本医療機能評価機構の評価委員会において
「一般病院種別B:基幹的病院」として認定されました。

今後も基本方針・理念に基づき、「ひとりひとりにやさしく最良の医療を提供する病院」を目指し、
努力してまいります。

>公益財団法人 日本医療機能評価機構のホームページ