他関連ページ




homeクリニカルインディケーター診療に関連する指標

入院患者の主疾患領域(年度別)

診療科ごとの入院患者さんの主な疾患を示します。年間入院が10症例以上の疾患のみ表示します。
※表の内訳はH25年度までは保険入院のみです

10

H28年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >小児科

H27年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >小児科 >皮膚科

H26年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

H25年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

H24年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >麻酔科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

H23年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >麻酔科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

H22年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >麻酔科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

H21年度 各科の詳細

>内科 >肝臓内科 >外科 >泌尿器科 >婦人科 >産科 >眼科 >整形外科 >リウマチ科 >新生児科
>透析センター >放射線科 >麻酔科 >小児科 >皮膚科 >IVFセンター

↑ページトップ

入院患者の手術件数(年度別)

入院患者さんに対して行われた手術のうち、輸血を除いた件数を示します。
年間実施件数が5症例以上の手術のみ表示します。

11

H28年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科

H27年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >皮膚科 >麻酔科

H26年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >皮膚科

H25年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >小児科 >皮膚科

H24年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >小児科 >皮膚科

H23年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >小児科 >皮膚科

H22年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >小児科

H21年度 各科の詳細

>婦人科 >眼科 >泌尿器科 >外科 >内科 >整形外科 >産科 >肝臓内科 >放射線科 >新生児科
>リウマチ科 >小児科 >透析センター >麻酔科

↑ページトップ

術中・術後大量輸血率(年度別)

手術中の出血により体内の血液が失われ、一時的に大量の血液製剤を投与した患者さんの比率を示します。

大量輸血の定義は「24時間以内に循環血液量以上の輸血を行う場合」とされています。
循環血液量は下記の計算式より算出します。

2

算出例)
日本人の平均年齢(45歳)の平均体重を使用した場合
45歳男性平均体重約70kg 循環血液量:66×70=4620mL
45歳女性平均体重約53kg 循環血液量:60×53=3180mL

生命の危険があるのは循環血液量の1/3を失った場合とされます。
従って当院では200mL(RCC) 1単位の輸血を下記の単位数以上おこなった場合を大量輸血とします。

12

↑ページトップ

クリニカルパス適応率(年度別)

クリニカルパスとは入院目的が同じ患者さんに対し、
同じ内容の医療行為が行われ医療上適切な日数で退院できるようように行われる治療・検査やケアなどを
スケジュール化し、表にまとめたものであり、入院時に患者さんに手渡しております。
入院患者さんのうちクリニカルパスに沿った治療を受けた割合を示します。
※H28年度より退院患者数(全患者)に対する適応率

13