他関連ページ









手術時の麻酔、手術前後の全身管理・疼痛管理

麻酔科医師の役割は、手術を受けられる方の全身を総合的に診て、
安全かつ快適に手術を受けていただき、順調に快復していただくよう努めることです。

そのため、手術中はもちろん、手術前から後にいたるまで、
きめ細かい全身管理を目指しています。
その一環として、平成28年度より周術期管理外来を設け、
さらなる安全・満足度の向上のための対応を始めました。

麻酔の方法は、手術術式やご本人の状態により決定し、
手術後の痛みが少なくてすむよう、疼痛管理にも力を入れています。

当院は、日本麻酔科学会 麻酔指導病院認定施設です。