他関連ページ









内視鏡機器の進歩は?

近年、内視鏡機器の進歩により、コンピューターで様々な画像処理をすることで、
従来は観察することができなかった特徴的な画像が得られるようになって来ています。

従来から病変などに色素をかけて観察する方法はありましたが、
技術の進歩により更に多様な画像を観察することが可能な時代になっています。
このような技術を応用した内視鏡検査を一般に「画像強調内視鏡」といい、
更に倍率をあげて観察することで病変を大きく観察することも可能になっています。

当院では胃がんや大腸がんなどの診断や治療に、この拡大内視鏡観察を併用した
「NBI併用拡大内視鏡」という内視鏡システムを導入し診断や治療に活かしています。

これにより従来は不可能だった病変のより詳細な評価か可能となるため、
内視鏡的治療などを行う際に利用しています。