他関連ページ









経鼻内視鏡検査とは?

慢性胃炎は「ヘリコバクター」という細菌が胃に感染して起こる感染症です。
胃がんはこの慢性胃炎の人に発生しやすくなります。したがって胃がんの早期発見のためには、
慢性胃炎の人は一般に年1回の定期的な胃内視鏡鏡検査を受けることが大事になります。

しかし、そうは言っても“エズキやオウト”が強い人にとって、
胃内視鏡鏡検査は“ツライ”と感じている人もいると思います。

このような人に勧めたい検査として「経鼻内視鏡検査」があります。
「経鼻内視鏡検査」は字の通り、鼻(正確には鼻腔)から内視鏡を入れて胃を検査します。
通常の経口内視鏡鏡検査(口から内視鏡を入れる)にくらべ、
内視鏡が細いため“エズキやオウト”が強い人にも、たいていは無理なくできます。

実際、当院では「経鼻内視鏡検査」を導入して以来「経鼻内視鏡検査」を希望する人が
毎年増えています。
胃の病気が心配だけれど、内視鏡鏡検査は“ドウモ”と思っている人も一度受けてみること
をお勧めします。