他関連ページ









腎がんの場合

腎臓は左右上腹部の背中に近いところにあるこぶし大の臓器です。
腎がんの大部分は片側に発生します。

がんがない方の腎臓が健常の場合、がんが発生した方の腎は摘除してしまうことが多いのですが、
がんがない方の腎臓の働きが充分でない場合やがんが小さい場合は部分切除することもあります。

1132

当科では、現在ほとんどの腎がんの手術を後腹膜鏡下にて行っております。
手術は10mmの4つの傷で行い、腎臓を摘出するとき約5cmの切開が加わります。
術後の痛みもわずかで回復も早く、入院は約10日間です。

 

【実績】
後腹膜鏡下腎摘除(腎部分切除)術:年間 10~15例