他関連ページ









成人鼠径ヘルニアの場合

最先端治療である腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を導入しています。
この方法は正確な診断と確実な補強を低侵襲に行えます。

従来法に比べ、ヘルニアの原因である腹壁脆弱部(腹壁が弱くなっている部分)全てを
一度に確実に補強することが出来ます。
このため再発率が極めて低く、術後早期の退院、社会復帰が可能です。
また、皮膚切開も小さく痛みや美容面でもメリットがあります。

 

>ヘルニア専門外来

1152