他関連ページ









大腸がんの場合

大腸がんは腹腔鏡手術に適していると言えます。以前はリンパ節転移のない早期大腸がんが適応でした。

最近ではリンパ節転移のある、進行大腸がんでも腹腔鏡手術と開腹手術で長期の結果に差がないことが
明らかになっています。

当科では進行大腸がんに対しても、積極的に腹腔鏡手術を施行しています。
また、早期大腸がんに対してはキズが1か所での単項式手術を施行しています。

1161

【実績】
2012年2月までに、232例の大腸がん手術を施行し再発症例は3例のみと良好な成績です。