他関連ページ









婦人科部長より

1181

1980年より30年以上医業に携わり、これまで多くの患者の皆様に
向き合ってまいりました。
私の実績としては、難症例も含めた18,000症例を超える
手術執刀経験、国内トップクラスの腹腔鏡下手術の症例数があります。

現在でも婦人科では多くの手術、特に困難な手術は開腹で行われています。

私どもは少しでも体への負担が少なく療養期間の短い手術にしようと
考え1980年から膣式手術を導入、また更なる低侵襲化を目ざし
1997年から腹腔鏡手術を導入しました。

少しでも手術による体への負担を減らすため日々手術の改良にも努めています。

安全性を確保するとともに常に先進的技術を取り入れており、世界でもトップレベルの技術であると
自負しています。実際に海外や国内の大学病院で困難症例の手術を依頼され行っています。

多くの病院で避けたがる直腸子宮内膜症や尿路子宮内膜症、また大型の子宮筋腫や多発筋腫などの困難例も
ほとんど腹腔鏡下に手術を行っており、全国の病院から紹介があります。

また、子宮頸がん・子宮体がん手術など本来体へのダメージが非常に大きな婦人科がん手術の低侵襲化も
重要な課題です。外科領域ではすでに大腸がんの腹腔鏡手術は標準治療となっていますが、
日本では婦人科がんの腹腔鏡手術がその手技の困難性や保険収載されていないなどの問題から
欧米やアジア諸国にも比べ大変遅れを取っているのが現状です。

私は1998年から子宮頸がん・子宮体がんの腹腔鏡手術に取り組み、すでに14年が経過しその術後の生存率は
開腹手術と同等以上の成果をあげています。術後の痛みが少なく、出血が少なく輸血例もほとんど無く、
腸閉塞などの合併症が激減しています。回復が極めて早いため早期の社会復帰が可能となります。

子宮頸がんでは、子宮温存希望の強い女性に対し2001年に国内初の腹腔鏡による
広汎子宮頚部切除術(子宮温存手術)が成功し、以後55例にこの術式を行い10例の出産例がでています。
生存率も広汎子宮全摘術と同等です。

現在さらなる低侵襲化を目指して、傷の大きさや数を減らす細径腹腔鏡下手術も実施しています。
特に子宮頸がんでは5mmを2ヵ所と2mmを2ヵ所の計4ヵ所で腹腔鏡下広汎子宮全摘術を行っており、
術創は世界最小かつ最少です。

これらの当院の治療内容は国内また海外からも高い評価を受けており、
過去15の国際学会で学会賞を受けています。難しい病状であっても可能な限り、患者さんに負担が少なく
安全・確実に手術が行える方法をご提供できるよう日々医療技術の深耕・研鑽を行っています。

一人でも多くの患者さんのお役に立てるよう、またこの技術を広く広めることを私の使命として、
今後も手術実績を増やし、幅広い症例に 対応できるよう努めていきます。

子宮がんで大きな開腹創に不安をお持ちの患者さん、早期社会復帰が必要な方、低侵襲な手術法に関する
セカンドオピニオンを求めていらっしゃる患者さん、一度ご相談ください。

一人でも多くの方の力になれたら幸いです。

 

婦人科部長 安藤 正明

>婦人科  腹腔鏡手術の安藤正明ホームページ