他関連ページ









「第13回倉敷セミナー」 のご報告

トレーニングボックス

第13回倉敷セミナーを2015年5月17日(日)~18日(月)で開催しました。

今回は『良性疾患を極める!』をテーマに
「TLH(腹腔鏡下子宮全摘術)をいかに安全に導入・完遂するか」
「腹腔鏡の終着点をTLHからその先へ繋げるきっかけに」を中心とする
内容で行いました。

初日は、(1)TLHの極意 (2)TLHのトラブルシューティングなど
倉敷スタイルを講義形式でお伝えし
二日目は、倉敷成人病センター婦人科の手術見学会を行いました。

また、初めての試みとして『トレーニングボックス』による
縫合・結紮のレクチャーがあり、参加された先生方は
積極的に質問をされ、メモを取りながら技術を習得されていました。

セミナーを通して、
「開腹手術と比較して痛みが少なく回復が早いという利点がある一方で
その手術の困難性から高度な技術を要すというわれる腹腔鏡下手術」が
一人でも多くの方の力になれたら幸いです。

講義