他関連ページ









主な診療疾患

【1】白内障

加齢による変化や他の眼疾患、ステロイドなどの薬や全身的な病気によって
水晶体という眼の中のレンズが濁ってくる疾患です。

初期には霞んで見えたり、眩しいといった症状がでますが、白内障の進行に伴い視力低下や霞視が強くなります。
生じた濁りを除去する薬はありませんので、日常生活に不自由を感じるようであれば手術を考える必要があります。

手術は混濁した水晶体を除去して、眼内レンズと呼ばれる人工の水晶体を挿入します。
手術創は非常に小さくなってきており、通常は点眼薬等での局所麻酔で行い、手術時間も短時間で済みます。
当院では日帰りの手術もしくは一泊入院での手術を行っております。

他の眼内の疾患を合併している場合もあります。上記症状を自覚したらご相談ください。

 

【2】黄斑円孔

網膜と呼ばれるカメラのフィルムに相応する部分で、視力の中心となる部位が黄斑です。
ここに小さな裂隙ができ、円い孔のように広がっていく疾患です。

自覚症状として中心視野付近の像が歪んで収束して見えます。
ただ片眼に生じている場合、病気でない方の目を閉じて見ないと自覚できません。
円孔の拡大とともに0.1前後の視力まで低下していきます。

治療法としては手術治療しかありませんが、手術を行うことで円孔を閉鎖し、視力改善を得ることができます。
早期に治療することで良好な視機能の回復を期待できます。

 

【3】黄斑上膜

黄斑部の網膜面上に膜様組織が生じる疾患です。
膜様組織の肥厚、不透明化や網膜と一体となった収縮により視力低下と歪視をきたしてきます。

さらに黄斑の嚢胞様の浮腫、剥離に進行すると不可逆的な視力低下をきたします。
こうなるまえに膜様組織を除去することで良好な視力予後を期待できます。

 

【4】黄斑浮腫

病的血管から漏出した血液成分が黄斑部の網膜内や網膜下に溜まることで、
網膜の肥厚が生じて視機能が低下する病態です。
高血圧や動脈硬化に伴って発症する網膜静脈閉塞症や糖尿病による糖尿病網膜症(黄斑症)で
主に生じてきます。

この状態が長期に持続すると網膜の変性をきたします。
したがって変性に至る前に、できるだけ浮腫を消退もしくは軽減させていく治療を行います。
治療には手術治療とレーザー治療、抗VEGF療法、眼内もしくは眼周囲へのステロイド注射等が
あり、病態及び網膜の状態によって治療の選択を行っております。

 

【5】強度近視

非常に近視の強い目の場合、黄斑の変化によって眼鏡をかけても視力が出ないといった状態になることがあります。
原因として黄斑網膜・脈絡膜の萎縮、黄斑円孔、黄斑円孔網膜剥離、黄斑剥離‐分離、脈絡膜新生血管といった
疾患(病態)があります。萎縮以外の病態では手術や抗VEGF療法を行うことで病態の改善、視機能の改善が期待できます。

当院では黄斑網膜の断層検査(OCT)や脈絡膜造影検査(HRA-2)で病態を把握の上、
病態に応じた治療を行っております。

 

【6】網膜剥離(裂孔原性網膜剥離)

裂孔原性網膜剥離はボクシング等の外傷によってのみ生じるのではなく、そのほとんどは普段の生活の中で
突然起こります。

網膜に密着していた硝子体という組織が網膜からはずれてくる過程(年齢に伴う眼内の変化)で、
網膜との癒着の強い部分があると、剥がしていくセロテープに紙がひっついていくようにして網膜が破れ、
その部分から網膜から剥がれてきます。剥がれた網膜の機能は低下しますので、
手術によって網膜を元に戻す(復位させる)必要があります。

手術には眼球の外側からアプローチする方法と、眼内からアプローチする方法があり、
年齢、病態等を考慮して手術方法を選択して治療を行っております。

 

【7】糖尿病網膜症

糖尿病で生じてくる網膜の変化が糖尿病網膜症です。
網膜症の病期、状態によっては網膜光凝固、硝子体手術などの治療が必要になってきます。

進行した網膜症(増殖前-増殖網膜症)においてのみならず、
糖尿病黄斑症(黄斑浮腫)に対しても視力の維持もしくは改善を目的に治療を行います。
網膜光凝固、硝子体手術による治療に加えて、抗VEGF療法、
眼内もしくは眼周囲のステロイド注射等を適切に選択して治療を行っております。
網膜症は自覚の無いまま徐々に進行していきますので、糖尿病の方は定期的な眼底検査を受けることが重要です。

 

【8】加齢黄斑変性

前述の抗VEGF療法及び光線力学療法(PDT)の項に記しましたように、
この疾患において当院では、網膜・脈絡膜造影検査、光干渉断層計(OCT)-網膜断層検査-を用いて病態を
把握した上で、治療の適応のある状態に対して抗VEGF療法を軸とした積極的な治療を行っています