他関連ページ









日本臨床細胞学会「学会貢献賞」を受賞しました

1095

「第50回日本臨床細胞学会秋期大会(2011年10月23日)」で、病理診断科
石原真理子さんが「学会貢献賞」を受賞いたしました。
この「学会貢献証」は、第50回を記念して企画されたもので日本
臨床細胞学会会員として各道府県支部の発展に多大な貢献をした
細胞診専門医あるいは細胞検査士に贈られました。
各支部長から推薦された111名、岡山県からは2名が表彰されま
した。以下、岡山県支部長からの推薦文(抜粋)です。

「岡山県支部役員として活躍し現在に至っている。特に学術的なレベルの高さには目を見張るも
のがあり、これまでに27編の論文発表と約50回の学会発表を行っている。また、様々な
講演、精度管理プログラムへの参画を通じて、支部会員だけではなく技師会・検査士会会員に
対する指導も幅広く行っている。実直な人柄も含め、日常診療におけるたゆまぬ努力と、積極的
な学会活動の実践は、支部会員一同の模範となるものであり、支部の専門医からも厚い信頼を
得ている。」