他関連ページ









小児神経外来

子どもでも神経系の病気にかかることがあります。
てんかん、脳性麻痺、精神遅滞、摂食障害、自閉症など様々な病気があります。
詳しく調べて、診断の上、的確な治療を行うことが大切です。

当院では診断のため、脳波検査、頭部MRI検査、発達検査など色々な検査を行っています。

また、医師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが色々な面から検討を行い、
常に同じ行動を示すわけではないお子様の発達評価を行っています。

診断後の対応は、当院 リハビリテーション科のスタッフによる個別療育、臨床心理士によるカウンセリングなどを
行います。また、小集団での療育が必要な場合は地域の児童デイサービスなどを積極的に利用して
治療・対応していきます。

当院では子どもの神経系の諸問題に対してグループ(医師、看護師、 心理士、理学療法士、作業療法士、
言語聴覚士、ケースワーカー、その他リハビリスタッフなど)で対応しますが、
診察・診断・療育をご希望の方は、まず外来受診が必要ですので、小児科外来の受診をお願いいたします。

 

>診療スケジュール・担当医を見る