他関連ページ









リウマチとは?

リウマチを患っている方は全国に約70万人おられます。女性は男性の約4倍で、発症は40~50歳代に多く、
関節の腫れや痛み、こわばりで発症し、徐々に関節の変形が進行し、就労や日常生活が障害される病気です。

リウマチの本態は関節滑膜の炎症です。炎症とは炎、つまり火事のことで、リウマチとは関節の火事です。

CRP、赤沈という血液検査は火事の勢いを表します。

リウマチの骨破壊は、発症後2年以内の早期に急に進行することが判明し、
早期から強力な薬を使ってリウマチの火事を完全に消してしまおうとする考え方が主流となりました。
初期消火が重要なのです。

 

関節リウマチの最初の症状は?

最初の症状は、朝起きた時に指が腫れぼったくて曲がりにくく感じたり、
寝起きや着替えが難しくなったりすることが多いようです。

また、足の指の付け根が痛くなって歩きにくくなる方が多いようです。下の図は関節炎が起こりやすい場所を
パーセントで示しています。
手や足などの小さい関節に炎症が起こりやすいことがわかります。

 

508

 

男性の関節リウマチは女性と違うの?

当院でおこなった研究の結果、男性は女性よりも大きな関節から発症しやすいことがわかりました(※1)。
たとえば肩が痛くなっても五十肩だと思って放置していたら、
そのうち指が腫れてきて関節リウマチと診断される場合があります。

近年関節リウマチの診断に使われる新しい検査(抗CCP抗体や関節エコーなど)が加わり、
早期に診断することが可能になっています。

男性の方で肩や膝が腫れたり痛くなったら、一度リウマチ科を受診されることをお勧めします。

(※1)西山 進、相田哲史、吉永泰彦、宮脇昌二、岸本裕樹、戸田巌雄、吉原由樹、三好信也:関節リウマチ(RA)に
おける初発関節と臨床像の検討.臨床リウマチ22:326-330,2010