他関連ページ









平成24年10月、大橋敬司先生が日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会若手奨励賞を受賞しました

10月20日(土)山口県宇部市で開催された第23回日本リウマチ学会中国・四国支部学術
集会において、当科後期研修医の大橋敬司先生が、「IgM-RF倍加時間と関節リウマチ疾患
活動性との関連について」報告し、若手奨励賞を受賞しました。

この賞は、毎年、一般演題の中から優れた発表演題2名に贈られるものであり、
演者が40歳未満であることが条件です。

今回は一般演題57演題の中で、演者が40歳未満である33演題の中から選ばれたもので、
大変、栄誉ある賞です。当科からは4年前の仲田崇先生に次ぐ2度目の受賞です。

520