他関連ページ









消化器外科

取り扱い疾患

胃がん、大腸がん、食道がん、急性腹症(腹膜炎など)の一般消化器外科疾患

 

胃がん

【胃の働きは・・・】

胃の働きは摂取された食物を貯留しておき、胃液と混ぜて十二指腸に送り出すことです。
食道と胃との境を噴門、胃と十二指腸との境を幽門と呼びます。

胃の壁は、おおまかには内側から 粘膜・筋肉・漿膜の3層から成り立っており、更に粘膜と筋肉との間に粘膜下層、
漿膜と筋肉との間に漿膜下層があります。

 

【原因】

胃粘膜が食物中の発がん物質や胃酸の刺激、あるいは遺伝子の影響を受けてがんが発生し、
次第に大きさを増すとともに筋肉層から漿膜に向けてより深い層に進み、
更に漿膜を突き抜けて胃の壁の外に顔を出すこともあります。

また、進行した胃がんは胃だけにとどまらず、他の臓器に転移するようになります。
胃壁中の微細なリンパ管に入り込んだがんは、まず胃の近くのリンパ節に転移し、
更に離れたリンパ節に転移しようとします(胃に近いリンパ節から順に第1群、第2群、第3群とグループ分けします)。

また、胃壁中の微細静脈に入り込んだがんは血流に乗って肝臓・肺などの他臓器に転移しようとします。
また、胃壁の外に顔を出したがんは、胃からこぼれ落ちて腹腔内全体に広がることもあります(腹膜播種)。

 

【診断】

(1) 胃レントゲン検査

バリウムを飲んで胃の写真を撮り、診断します。

(2) 胃内視鏡検査

内視鏡を挿入し、胃の中の様子を観察し、病変から組織を採ってがんかどうかを調べます。

(3) 病理組織検査

胃内視鏡検査で採った胃の組織を顕微鏡で観察し、がんであるか否かを診断します。

また、がん組織の分化の程度も判断されます。
細胞の形や配列が正常の胃に近いものを「分化度が高いがん」と呼びます。
分化度の低い胃がんほど、悪性度が高いと言えます。

(4) 腹部CT

胃の周辺のリンパ節が腫れているかどうかや肝臓に転移があるかどうかを診断します。

(5) 腹部超音波検査

肝臓やリンパ節に転移があるかどうかを診断します。

内視鏡・Ⅹ線検査・CT・超音波検査の結果を総合して、がんの大きさ・深さ・転移の状態を判断します。
これらの検査結果から、各々の患者さんについての「進行度」が診断されますが、
これらの検査の精度には限界があり、必ずしも100%正しいとは言えません。

 

【進行度】

胃がんの進行度(病期)は、胃壁内でのがんの深さ、リンパ節転移、他臓器への転移の程度によって決められます。
がんの深さはT1からT4、リンパ節転移はリンパ節群に応じてN0~N3で示され、
それらの組み合わせにより病期がⅠA・IB・Ⅱ・ⅢA・ⅢB・Ⅲ・Ⅳと定められます。

第3群リンパ節・肝臓・肺・腹膜などに転移があれば、それだけで病期はⅣとなり 完全に治すことが難しい場合が
ほとんどです。病期ⅠA・ⅠBなら 手術で治る可能性が極めて高く、ⅢA・ⅢBは進行はしているが
まだ手術で治る可能性がある、と言えます。

 

【治療】

手術、化学療法、放射線療法

 

【手術】

標準手術

従来から、胃がんに対して標準的に行われる手術は胃の3分の2以上の範囲と
2群までのリンパ節を切除する手術(定型手術)であり、
これを基本として 各々の患者さんに応じた治療方針を決定します。

病期Ⅱや病期ⅠB・ⅢA・ⅢBの一部にはこの『定型手術』が適応となります。

粘膜切除

病期ⅠAのうち、がんの深さが粘膜内にとどまり、大きさが2cm以下で、
顕微鏡検査で分化の程度が高いと判断された場合は内視鏡での操作で粘膜切除をすることで十分治療できると
考えられています。
これ以外の病期ⅠAやⅠBの一部に対しては標準手術よりも範囲を縮小した切除で治療可能です。

>内視鏡手術センター

拡大手術

また病期ⅢA・ⅢBのうち がんが胃壁の外面からさらに他の臓器におよんでいる(T4)場合、
その臓器も合併切除することでがんが取りきれると予測され、リンパ節転移が1群までであれば、
合併切除も含めた『拡大手術』が行われます。

部分的胃切除

手術でがんが取りきれないことが明らかでも、がんからの出血を解決するための部分的胃切除や、
がんによる消化管のつかえを改善するためのバイパス術(胃と小腸とをつなぐ)だけが行われることもあります。

 

【化学療法・放射線療法】

これよりも更に進んだ状態であれば病期Ⅳになり、拡大手術が行われることもありますが、
手術でがんが取りきれないと判断されれば、化学療法(抗がん剤治療)や放射線療法が主体となることもあります。

 

【方針】

胃がんは診断された時点での病気の進み具合によって治療方針が異なってきます。
「日本胃癌学会」では胃がんの進行度に応じた標準治療を「ガイドライン」として発表しています。
当院では このガイドラインに基づいて胃がんに対する諸検査を行ない、適切な治療を患者さんにお勧めしています。
日本胃がん学会が発表したガイドラインに基づいて、胃がんの進行度と治療について説明いたしましたが、
患者さん個人の年齢・全身状態などによっては前記の治療が必ずしも最良の治療と言えないこともあります。

胃がんの早期発見のためには定期的に検診を受けられることが大切ですが、もしがんが見つかった場合は
担当医とよく相談されて最善の治療方針を決定してください。

 

 

大腸がん

【大腸の働きは・・・】

盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の結腸と、直腸を合わせて大腸といいます。
小腸で消化吸収した食物残渣の水分が大腸で吸収され大便となります。

大腸の構造は他の消化管と同様、管腔の内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜と
層状になっています。

 

【疫学】

2001年の統計によると、がんの部位別死亡率で大腸がんは、男性で肺がん、胃がん、肝臓がんについで4位、
女性では胃がんについで2位となっています。

 

【原因】

大腸の粘膜から発生する悪性新生物で、ポリープから発生するもの、平坦なところから発生するものなどいくつかの
でき方が考えられています。粘膜から発生したがん細胞は増殖、浸潤していきます。

 

【進行度】

大腸がんの進行度は、がんが大腸の壁のどの深さまで浸潤しているかという深達度と、
病変からどれぐらい離れたリンパ腺にまで転移があるかどうかと、
肝臓や肺などへの遠隔転移があるかどうかで決定します。

がん細胞の浸潤が粘膜から粘膜下層にとどまっている状態を早期がん、がんがさらに浸潤、進行して固有筋層より
深く浸潤したものを進行がんと呼びます。

がんは、深い層に浸潤するほどリンパ節転移や血行性転移を起こしやすくなります。
血行性転移とは血管の中にがん細胞が入り肝臓、肺などに転移を起こすことで遠隔転移とも呼ばれます。
また、がんの浸潤が進み漿膜を破って大腸壁の外に露出すると、近くの臓器例えば、子宮、卵巣、膀胱、小腸など
に直接浸潤する事があります。

また、腹腔内に種をまくようにがんがばらまかれる腹膜播種という状態になることもあります。
術前にある程度診断できますが、術後に切除したものを病理学的に検査し最終的に診断します。

 

【症状】

1424

早期の大腸がんでは、症状は殆どありません。
大腸がんが進行すると腫瘍がくずれ出血しやすくなるため、
血便が出たり、便が黒っぽくなったりする事があります。

また、腫瘍で内腔が狭くなると便秘になります。
腹痛が生じることもあります。
さらに進行すると、便もガスも出ない腸閉塞になります。

 

 

 

 

【診断】

(1) 便潜血

検便をして便に血液が混じっているかどうかを調べます。進行がんでも便潜血が陰性のこともあります。

(2) 注腸レントゲン検査

肛門からバリウムを入れて、大腸のレントゲン写真を撮り、検査します。

(3) 大腸内視鏡検査

肛門から指を挿入して腫瘤を触れ、診断します。

(4) 腹部CT

大腸周囲のリンパ節腫脹の状態や肝転移について検査します。

 

【治療】

手術、抗がん剤

1424-

 

1424--

内視鏡的粘膜切除術

早期大腸がんの治療として、大腸ファイバーを用いた
内視鏡的粘膜切除術があります。

リンパ節転移がある場合にはがんを取り残すことに
なるため適応を慎重にしなければいけません。

 

 

 

 

 

 

1424---手術

がんを含めて大腸を摘出すると同時に、
がんが広がっていく可能性のあるリンパ節を周囲組織
と一緒に摘出します。

開腹による大腸切除術と、腹腔鏡補助下の手術とが
あります。

開腹手術:
従来から行われている、腹部を大きく切開しておこな
う手術です。

腹腔鏡補助下手術:
腹部に小さい穴を数ヶ所開けて腹腔鏡(カメラ)や
棒状の器械を用いて、切除する大腸を周囲組織から
剥離したのち、腹壁を小切開して大腸を切除し、吻合
する(縫い合わせる)方法です。

リンパ節郭清も開腹手術と同様に行われます。
手術の操作が難しい事があります。

>内視鏡手術センター

 

化学療法(抗がん剤治療)

大腸がんは基本的には第1に手術が行われるため、最初から化学療法をすることはありません。

何らかの理由で手術ができない場合や、大腸がん手術のあとにがんの再発予防のために抗がん剤を投与することが
あります。大腸がんが再発した場合にも、抗がん剤の治療が行われます。

抗がん剤には、内服の治療薬と注射の治療薬があります。

1424----

 

〈大腸がん化学療法の主な抗がん剤〉

5-FU,  UFT,  FT,  5’DFUR,  HCFU,  5FU+LV,  MMC,  CDDP,  CPT-11,  UFT/UZEL,  S-1,  L-OHP,  
capecitabine

〈大腸がん化学療法の分子標的治療薬〉

(bevacizumab,  cetuximab,  panitumumab)