他関連ページ









尿失禁

尿失禁には大きく分けて腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、混合型尿失禁がありますが、
当科では症状からの診断の他、必要であれば専門的な検査を行い尿失禁の種類を診断し、
失禁の種類に応じた治療法を選択していきます。

女性の腹圧性尿失禁に対し、当科ではメッシュテープを用いた尿失禁防止術(TOT手術、TVT手術)も行っており、
症状に応じて選択することが可能です。

また、男性の尿道括約筋損傷に伴う尿失禁に対し、
重症のものには人工括約筋を用いた尿失禁防止術を行っています。

> 『人工尿道括約筋とい う選択肢』