他関連ページ









尿路性器悪性腫瘍

当院の健診センターとも協力して早期発見に努めています。

特に前立腺がん、腎がんに対しては、健診センターでの前立腺特異抗原(PSA)、
腹部エコーの採用により早期発見例が増加しています。

膀胱がんに対しては徹底的な経尿道的電気切除術(TUR-Bt)とBCGの膀胱内注入療法、
あるいは放射線科との協力による抗がん剤動脈内注入療法を施行しており、
膀胱を摘出することなく良い結果を得ています。
膀胱全摘出術の尿路変向術には適応があれば腸管利用による代用膀胱手術を行っています。