他関連ページ






home地域医療連携について

地域医療連携とは、それぞれの医療機関の機能を有効利用するために、病院と診療所、
あるいは病院同士が連携し、 患者さんに効率的で適切な医療を提供する連携のことです。

医療機関には、機能、規模により、それぞれの役割や特色があります。
救急医療や手術等を担当する急性期病院、リハビリや回復期を担当する療養型病院、
在宅での療養をサポートする訪問看護ステーション、かかりつけ医などです。

これらの医療機関がバラバラに医療サービスを提供するのではなく、地域の医療機関が連携し、
それぞれの医療機関の特長を活かし、地域全体がひとつの医療システムとなって、
最適な医療サービスを提供しようという新しい考え方です。

 

2885

 

>この仕組みの詳しい情報はこちら(事前予約システム)

2885

倉敷成人病センターは、高度で専門的な医療を行う病院として、急性期医療を担っています。
当院で必要な治療が終わり、病状が安定した患者さんで、引き続き入院治療を要する方は、
回復期の役割の病院に転院をお願いしています。

転院先は、希望にそった病・医院を紹介させていただきます。
外来でも、病状が安定されましたら、かかりつけ医となっていただく先生を紹介させていただく
ことがあります。もちろん、病状が変化した場合は対応いたします。

↑ページトップ

>周産期医療連携を見る

2885-

かかりつけ医とは、病気になったとき、真っ先に相談できる地元のお医者さんです。

日頃の診察で病状や治療法についての詳しい説明を受ける他に、医療・福祉のサービスの提供や、
必要に応じて適切な専門医や病院・医院の紹介をしてくれます。
かかりつけ医に、自分の病歴や体質を知ってもらえば、急に具合が悪くなっても安心して
診てもらうことができます。

持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての
相談相手として、かかりつけ医をお持ちになることをお勧めします。

かかりつけ医に健康管理をしてもらうことは、病気の予防・早期発見・早期治療につながりますので
まず、かかりつけ医に診察してもらい、
さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と診断された場合には、必要な情報を添えて
適切な医療機関に紹介してもらいましょう。

↑ページトップ

>おかやま医療情報ネットワーク