他関連ページ







home当施設について地域・三世代交流ができるコミュニティケアセンターを目指して

about

平成30年7月豪雨により我々の施設を含め真備町は広範囲で被災し、いまだたくさんの方々が離散した状態が続いています。この町(真備)を復興していくには、地域・三世代の人々が集い、高齢者が地域と共に自立して過ごせる場所を作り、安心して戻る事ができる環境整備が必要です。
我々は施設復旧にあたり、ライフタウンまびの災害時拠点としての活用とコミュニティケアセンターとして産官学が連携し、高齢者福祉・文化・教育の発信基地にしていくことを考えています。
ここでは、自立生活支援による健康寿命延伸に主眼を置き、農業、食育、アニマルセラピーやものづくりなどさまざまな体験型デイサービスプログラムや、VRも活用した機能訓練、運動機能を見える化したレポート作成、個別コンサルティングサービス等で個々の特性に応じた選択が可能なプログラムを実施する事により、ひとりひとりにやさしく最良のケアを提供していきます。
コミュニティケアセンター ライフタウンまびで高齢者が地域・三世代の方々と交流し、社会に参加し社会と繋がる中で健康寿命延伸を図り、その活動を通じて町の復興を目指していきますので、引き続きご支援のほど何卒宜しくお願い致します。

施設概要

コミュニティケアセンター ライフタウンまび

センター長:源幸淳司
開設年月:1997年12月 敷地面積:3,571.75㎡ 延床面積:6,057.43㎡
 機能訓練室:347.90㎡ 浴室総面積:257.66㎡ 職員数:約40人

■主なサービス内容

通所サービス(ご自宅での生活を継続しながら、機能訓練・入浴・食事・レクリエーション・機能訓練等のサービスを提供 ※送迎有)
居宅介護支援センター(ご自宅での介護サービス)
倉敷市 真備高齢者支援センター(倉敷市から委託を受けた高齢者の方の総合相談窓口)