他関連ページ







home診療科のご案内透析センター

透析センターについて

主に末期慢性腎不全に対する血液透析療法を行っており、院内発症の急性腎不全に対しては、
エンドトキシン吸着療法や血液透析濾過療法など各種血液浄化法で対応しています。

また維持透析患者において入院治療の必要な合併症の出現時には、
当院各診療科の専門治療を受けつつ継続治療を行い、必要時には主に倉敷地区の大規模基幹病院と
連携をとっています。
2012年4月より日本透析医学会専門医制度に基づき、川崎医科大学附属病院の教育関連施設として
認定されました。

当センターでは安全で良質な透析医療を提供する為に、よりよいチーム医療を心がけています。
内科医師2名と専任の看護師5名、臨床工学士2名、メディカルスタッフ2名が協力して
診療にあたっており、また管理栄養士がチームの一員として月に1回栄養指導を行っています。

トピックス

オンラインHDF(on-line HDF)システム を導入しました

逆浸透法精製水製造装置(RO装置)多人数用透析液供給装置関連機器は、
全て東レメディカル社製で統一しています。

これからの透析治療に要求される「クリーン化」を高いレベルで実現しています。


透析センターの詳しい情報

透析スケジュール

月・水・金 2クール
火・木・土 1クール