他関連ページ







home診療科のご案内内視鏡センター

内視鏡センターについて

日本人の死亡原因として最も多い病気は悪性腫瘍です。
中でも胃がんや大腸がんの占める割合が高いのがわが国の現状です。今日では多くの悪性腫瘍は早期に
発見することで治癒可能な病気となりつつあります。

特に胃がんや大腸がんなどは早い時期に発見できれば、お腹を切らずに内視鏡的にがんだけを切除するだけの治療法で完治が可能ですし、もしお腹を開けて胃や大腸の一部を切除する開腹術を受けた場合でも早期のがんであれば術後に再発や転移を起こすことなく完治することができます。

そのためにはできるだけ早い段階でがんを発見する必要があります。臓器によっては診断法の難しさも
あって、必ずしもがんを早期に発見診断することが容易でないものもありますが、胃や大腸などのがんは
定期的に内視鏡検査を受けさえすれば早い段階でがんを見つけることができますので、がんで命を落とす
ことは防げます。

早期の胃がんや大腸がんなどの場合、がん特有の自覚症状はなく、血液検査も早期発見には有用ではありません。胃や大腸の病気が心配な方は是非とも内視鏡検査を定期的に受けることをお勧めします。

当センターでは内視鏡検査をとおして胃や大腸などの悪性腫瘍をはじめとし、他の多くの疾患を的確に
診断することで、より良い医療を提供したいと考えています。

検査希望の方は受診された際に遠慮なくお問い合わせください。

トピックス

カプセル内視鏡検査について


※画像をクリックすると大きく表示されます


経鼻内視鏡検査とは?

慢性胃炎は「ヘリコバクター」という細菌が胃に感染して起こる感染症です。
胃がんはこの慢性胃炎の人に発生しやすくなります。したがって胃がんの早期発見のためには、
慢性胃炎の人は一般に年1回の定期的な胃内視鏡鏡検査を受けることが大事になります。

しかし、そうは言っても“エズキやオウト”が強い人にとって、
胃内視鏡鏡検査は“ツライ”と感じている人もいると思います。

このような人に勧めたい検査として「経鼻内視鏡検査」があります。
「経鼻内視鏡検査」は字の通り、鼻(正確には鼻腔)から内視鏡を入れて胃を検査します。
通常の経口内視鏡鏡検査(口から内視鏡を入れる)にくらべ、
内視鏡が細いため“エズキやオウト”が強い人にも、たいていは無理なくできます。

実際、当院では「経鼻内視鏡検査」を導入して以来「経鼻内視鏡検査」を希望する人が
毎年増えています。
胃の病気が心配だけれど、内視鏡鏡検査は“ドウモ”と思っている人も一度受けてみること
をお勧めします。


診療スケジュール・担当医(2017年10月)

  専 門

上部内視鏡
検査
奥山 奥山 新井 奥山
中山 松本 藤原 仁科 守谷
杉生 藤本 守谷 杉生 担当医
(第2・3金)

大腸内視鏡
検査
新井 奥山 新井 奥山 新井