新型コロナウイルス感染症が疑われる患者さんへ

新型コロナウイルス関連肺炎については、インフルエンザなど他の呼吸器感染症と同じように、咳エチケットや手洗いなど、通常の感染症予防策を行うことが重要です。

なお、発熱や咳・痰・呼吸困難などの症状があり当院での受診を希望される場合は、次の手順でお願いします。

Ⅰ.次の帰国者・接触者相談センターへの相談の目安に当てはまる方は、医療機関の受診前に、まずお住まいの各都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご連絡ください。

 帰国者・接触者相談センターへの相談の目安

1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱があり、症状が出る2週間以内に以下の国の示す流行地域に渡航歴がある
2. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱があり、症状が出る2週間以内に「以下の国の示す流行地域に滞在歴がある方」と接触歴がある

 国の示す流行地域(2020年3月27日現在)
 WHO(世界保健機関)の公表内容から、国が示している新型コロナウイルス感染症の
 流行が確認されている地域は以下のとおりです。

 ●中華人民共和国
  ・湖北省、浙江省
 ●大韓民国
  ・大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、
   星州郡、軍威郡
 ●サンマリノ共和国 ●アイスランド共和国 ●アイルランド共和国
 ●アンドラ公国 ●イタリア共和国 ●エストニア共和国
 ●オーストリア共和国 ●オランダ王国 ●スイス連邦
 ●スウェーデン王国 ●スペイン王国 ●スロベニア共和国
 ●デンマーク王国 ●ドイツ連邦共和国 ●ノルウェー王国
 ●バチカン ●フランス共和国 ●ベルギー王国
 ●ポルトガル共和国 ●マルタ共和国 ●モナコ公国
 ●リヒテンシュタイン公国 ●ルクセンブルク大公国 ●イラン・イスラム共和国

3. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
4. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
5. 高齢の方や、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊娠中の方で、上記3、4の状態が2日以上続く場合

 帰国者・接触者相談センター

Ⅱ.上記Ⅰに該当されない方は、来院時にマスクを着用してくださいますようご協力をお願いいたします。