2/20 妊孕能に関するプレスセミナーを開催しました

20日(火)、子宮がんの最新治療と妊娠する力(妊孕能:にんようのう)を残す
腹腔鏡下手術についてのプレスセミナーを、メディカル・データ・ビジョン株式会社
(東京都千代田区)セミナールームにて開催しました。

安藤院長より在京メディアの記者の方々に、子宮がんにおける腹腔鏡下手術の現状や
妊孕能(にんようのう)を残す手術に関する情報、ロボット支援手術に関する展望と課題に
ついて講演が行われました。

質疑応答では、多くの記者の方から質問をいただき、婦人科腹腔鏡下手術や 妊孕能(にんようのう)に
ついて関心を持っていただくことができました。

また、同日より”子宮のがん治療と妊娠について”の情報サイトがリリースされました。
【詳しくはこちらをご覧ください→https://ninyo.medilog.jp/】

子宮がんにおける腹腔鏡手術の認知度はまだまだ低く、特に妊娠を希望される女性においては
治療と妊娠の二つに一つの選択に悩まれている方々に届けばと思います。
今後も当院婦人科では「子宮がん治療と妊孕能(にんようのう)」について情報発信していきたいと思います。