「わが街健康プロジェクト。」第1回講演会を開催しました

第1回講演会が平成25年11月7日に倉敷中央病院大原記念ホールにて開催されました。

 

このプロジェクトは倉敷市内の12病院、岡山市内の1病院により共催されており
今回の講演会には150名を超えるご参加をいただきました。 

 
講演開始前に開設した「健やかブース」では、看護相談、栄養相談、お薬相談、介護相談、健康測定、脳トレを実施いたしました。

参加者の皆さまには、ワイワイと笑顔の中で自分の身体をチェックできる場はとても貴重であった、待ち時間にも退屈しなかったと好評をいただきました。

 

講演では
倉敷中央病院 副院長 山形 専先生から「健康寿命を維持するために」
倉敷紀念病院 院長 小出 尚志先生から「ともに守ろう地域の医療」
と題してお話しいただきました。

現在医療がおかれている状況、考え方の転換を図っていく必要性について
語りかけるお2人の講演に、皆さま熱心にメモを取りながら耳を傾けておられました。


病気の早期発見のためにドックや健診をすすんで受け、
生活改善に取り組みたいとおっしゃる方や、倉敷紀念病院小出院長が紹介された「晴れやかネット」での電子カルテ共有(会場にて、小出先生ご自身のカルテをiPadで披露)に、医療の未来を感じた方など、さまざまな思いを感じていただけたようです。

 
 

 

 

次回開催のご案内

2014年2月6日(木)午後

 会場  倉敷中央病院 大原記念ホール 

 講演1: 「骨粗鬆症 転倒と骨折予防」
      倉敷中央病院副院長 兼 整形外科 主任部長 
      松下 睦 先生
 講演2: 「コツコツ『貯筋』で転倒ゼロ」
      倉敷リハビリテーション病院 理学療法士
      岡本 貴幸 先生