日本内視鏡外科学会で「大上賞」「カールストルツ賞」を同時受賞しました

第26回日本内視鏡外科学会(2013年11月28日)で
安藤副院長が婦人科領域で初めて「大上賞」を受賞しました。
また、黒土医師が同学会にて「さらなる低侵襲性を求めた腹腔鏡手術
(Advanced Minimally Invasive Laparoscopic Surgery)の検討」のテーマで
「カールストルツ賞」を受賞いたしました。

「大上賞」
日本内視鏡外科学会により故大上正裕先生の偉大な功績を永く顕彰するために設立されたものであり
内視鏡外科の発展と普及に著しく貢献した者に毎年ひとりだけにおくられるため
わが国の内視鏡外科にたずさわる者にとって、最高の栄誉として評価されています。
 ・安藤正明副院長(平成25年)
「カールストルツ賞」
内視鏡外科の発展のために優れた研究成果を発表した会員を表彰し
奨励するために設立されたものです。
 ・太田啓明(平成21年)
 ・安藤正明(平成22年)
 ・黒土升蔵(平成25年)
「大上賞」「カールストルツ賞」の同時受賞は、学会初の快挙であるとともに
婦人科領域では、最多の受賞者数です。

受賞後、安藤医師は
「今後も患者さんに負担が少なく安全・確実に手術が行える方法をご提供できるよう
日々医療技術の深耕・研鑽を行っていき、一人でも多くの患者さんのお役に立てるよう
またこの技術を広く広めることを私の使命として、今後も手術実績を増やし
幅広い症例に 対応できるよう努めていきたい」
と、また黒土医師は「この賞を励みに、来年はさらに上を目指して頑張りたい」
と今後への研鑽を言葉にしています。