「わが街健康プロジェクト。」第3回講演会を開催しました

第3回講演会が平成26年5月22日に倉敷中央病院大原記念ホールにて開催されました。

 

わが街健康サポーター」ブロンズクラス、74名誕生!

 

※撮影OKの方のみ、お写真に写っていただきました。

「わが街健康プロジェクト。」は昨年11月にスタートし、
現在は14病院が共催で運営、倉敷市および倉敷商工会議所、倉敷市保健所に
ご後援をいただいています。今回は222名の方が参加されました。

講演では、「認知症の理解と予防」と題して
倉敷平成病院認知症疾患医療センターセンター長 涌谷陽介先生が、
「地域包括ケアってなに?-住みなれた地域で暮らし続けるために-」と題して
医療法人和香会倉敷スイートタウン理事長 江澤和彦先生がそれぞれお話しされました。

認知症は第1回、第2回のアンケートでも関心が高く、今回の講演テーマに選びました。

湧谷先生は、認知機能についての紹介や、認知症の症状のあらわれ方や記憶の成り立ちの変化、認知症の診断などについてお話しされました。
画像を「これはなんでしょう」と提示し、直感で別のものに見えてしまう感覚を会場全体で共有するなど、わかりやすい解説に皆さん聞き入っていました。

江澤先生は、地域包括ケア(高齢者の皆さまの尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような包括的な支援・サービス提供体制)についてお話しされました。
在宅医療の充実にむけた動きを紹介するとともに、自身が健康を維持していくことの大切さについてもふれられました。

※講演の模様は、後日、倉敷ケーブルテレビの特別番組として放送予定です。

  

3回の講演会参加で「学び」のステップを経て、「わが街健康サポーター」ブロンズクラスの方が74名誕生しました!
記念品として、サポーターお一人おひとりに、プロジェクトのロゴ入りのオリジナル保険証ケースを贈呈しました。
これを目印に受付などでコミュニケーションの輪が広がり、共催病院とサポーターの皆さんとの「わ(輪・和)」が広がっていくことを願っています。

 

次回開催のご案内

2014年8月29日(金)午後

 会場  倉敷市民会館 大会議室 

 講演1: 「調子が悪いと感じたら
         -地域の医療機関は連携して役割分担をしています-」
       しげい病院 山西 あさみ 先生 
 講演2: 「地域連携の中での重症外傷患者診療
         -機能回復を目指して-」
       倉敷中央病院 救急科 田村 暢一朗 先生

 

(共催病院)
あずま会倉敷病院 倉敷紀念病院 倉敷市立児島市民病院 倉敷スイートホスピタル
倉敷成人病センター 倉敷第一病院 倉敷中央病院 倉敷平成病院
倉敷リハビリテーション病院 倉敷リバーサイド病院 児島中央病院
重井医学研究所附属病院 しげい病院 水島中央病院
(後援)
倉敷市 倉敷商工会議所