第3回地域医療連携のつどいを開催しました

2月4日(水)第3回地域医療連携のつどいを開催しました。

この会は、地域の先生方と当院医師との顔の見える関係を深めて、
より一層の医療連携を推進することを目的に、年1回開催し今回で3回目になります。

第一部では、健診センター4階会議室において、当院医師2名による講演、
【1】「当院の糖尿病チームの目指すところ」内科部長 土居先生、
【2】「『進化』して『深化』し続ける網膜硝子体手術」眼科部長 岡野内先生の
2題を行いました。

引き続き、第二部はレストラン「R・テラス」に移して情報交換会を行いました。
岡山県医師会 石川会長、倉敷市連合医師会 辻会長のごあいさつの後、
(医)喜養会仁科内科医院 仁科院長に乾杯のご発声をいただき、
会食をしながら交流を深めました。

院外の56医療機関より医師49名、看護師10名、医療ソーシャルワーカー17名、
地域連携担当者などその他34名にご参加いただき、
和やかな雰囲気のもと、言葉を交わすことができ、
今後の医療連携の推進に向けて大きな収穫を得ることができました。

今後も地域医療連携に尽力してまいりますので
ご協力をよろしくお願いいたします。