「わが街健康プロジェクト。」で管理栄養士の山本が講演しました

平成27年8月28日「わが街健康プロジェクト。」第8回講演会が開催されました。

 

 

今回は
倉敷第一病院 内科 秋山陽子先生による
 「糖尿病 はじめの一歩 ~糖尿病『何が』いけないの?~」
当院管理栄養士 山本奈々代による
 「糖尿病食は健康食 ~上手な外食の摂り方~」
2つの講演が行われました。

秋山先生は ・糖代謝のしくみ
・日本人の糖尿病増加を引き起こしている歴史的背景
・さまざまな合併症事例などから

「積極的な糖尿病治療」、「適切な食事」、「運動」についてお話いただきました。

また、先生自身が倉敷を歩かれた歩数を紹介するなど

『身近な場所で気軽に健康づくりを』 

というメッセージが参加者の方に 分かりやすく届いたように思います。

 

当院管理栄養士 山本は
「糖尿病食は健康食 ~上手な外食の摂り方~」と題して
秋山先生の『倉敷を歩く』シナリオに沿って
つまみ食いが運動分以上のエネルギー摂取を招くことや
飲料物摂取で多量の糖質を摂取する可能性があることなどを紹介しました。

飲料物の砂糖含有量を
角砂糖やスティックシュガーの個数で表すと
会場からはどよめきがあがりました。

また、外食の取り方の工夫については
外食店舗の代表的なメニューを例にとり上手に利用するポイントや
血糖値を上昇させないために、エネルギーだけではなく栄養成分表示に
配慮することなどについてお話ししました。

 

 

 

 アンケートでは、
「外食は炭水化物が多かったが、定食を考えるようにします」
「これからも食事・運動を頑張って薬を飲まないですむようがんばります」
「歩きます!」といった健康づくりへの意欲のほか

「身近な場所を紹介していただき、興味も増し楽しめました」
「講演1、2とも大変わかりやすく、倉敷への地元愛も感じることができました」と
講演を通してサポーターの皆様の胸に
わが街・倉敷への想いが広がったと感じられる声もありました。

 

次回開催予定

2015年11月6日(金) 

プロジェクトスタートから2周年を迎え
 待望のゴールドサポーターが誕生します。 

認定式を開催予定です!!

 

(共催病院)
あずま会倉敷病院 倉敷紀念病院 倉敷市立児島市民病院 倉敷スイートホスピタル
倉敷成人病センター 倉敷第一病院 倉敷中央病院  倉敷平成病院
倉敷リハビリテーション病院 倉敷リバーサイド病院 児島中央病院
重井医学研究所附属病院 しげい病院 玉島中央病院
チクバ外科・胃腸科・肛門科病院 松田病院 水島中央病院
(後援)
倉敷市 倉敷商工会議所