専門職向け整形セミナーを開催しました

訪問看護、訪問介護、居宅介護支援事業などで
ケアサービスを担当する専門職に向けて、

『最後まで元気に
 自分で動けるように』をサポート

をテーマに膝・股関節の痛みに関するセミナーを
平成28年5月30日(月)に開催しました。

 

1部は、
『運動器を長期間使い続けるための
  新しい概念であるロコモ(運動器症候群)から治療まで』
ロコモアドバイザーでもある三好医師(整形外科部長)が、
様々な面からみた治療や予防について、新しい試みを含めて講演されました。
2部は、
医療ソーシャルワーカーや介護福祉士、訪問看護師など多職種の参加者の方々
および当院の医師、専門職をはじめとするスタッフとの情報交換会を行いました。
 
アンケートで参加された全員の方より
「参考になった」との回答をいただきました。

 また「今後、本日のようなセミナーがあれば参加したいですか?」にも
全員参加を希望されており、興味のあるテーマとして次の内容があがりました。

・骨粗しょう症、圧迫骨折等をシリーズで
・骨粗しょう症、頚部骨折
・腰痛
・医療と介護の連携について
・ケアマネージャーに理解しておいてほしい疾患、対応方法 など

 
参加いただいた皆様 ありがとうございました。
今後も 情報提供ができるセミナーを開催してまりますので
ぜひ ご参加ください。