入院医療費の計算方法は、どうなっているの?

当院では平成21年4月1日より、新しい入院費用の計算方法として、
「診断群分類別包括支払制度(DPC/PDPS)」を導入しております。

DPC/PDPSは厚生労働省が定める一定の基準を満たす医療機関で適応できる医療制度で、
支払い方式の改革だけではなく、良質な医療、効果的・効率的な医療を推進することで医療の透明化・標準化
を図るために実施されるものです。

DPC/PDPSは診療行為ごとに料金を積み上げて計算する従来の「出来高方式」とは異なり、ご入院される
患者さんのご病気や病状などをもとに、厚生労働省が定めた診断群分類ごとに1日あたりの定額料金からなる
包括評価部分(入院基本料、投薬、注射、検査、画像診断など)と、
出来高評価部分(手術、麻酔、リハビリなど)を組み合わせて入院料金を計算します。

 

3502

 

入院後、症状の経過や治療の内容によって定額医療費が変更になった場合、退院月に差額調整を行うことが
ありますので、あらかじめご了承ください。

健康保険などの一部負担金は、今までと変わりありません。

DPC包括評価は、ひとつの病名に対し入院診療を行うことを前提とした制度です。そのため、他の病気の
治療や検査などを希望された場合は退院後にお願いすることがありますので、予めご了承ください。

症状や治療内容によってはDPCの対象にならない場合がございます。その場合は、出来高方式で計算させて
いただきます。

入院中、外出して他院受診をする際には、必ずスタッフに事前にお知らせください。

ご入院中、ご退院以降のことで、何かご心配、ご不安なことなどがありましたら、お気軽にスタッフに
お申し付けください。