緩和ケアの情報

がんサポートチームのそれぞれの役割

医師

がんをはじめとした重篤疾患は、身体的側面だけでなく精神的側面にも大きなストレスをもたらします。

「どうして自分がこんな目にあうのか」「これから自分はどうなるのか」といった
悩みを患者さんが抱えてしまうだけでなく、ご家族が悩まれるケースも珍しくありません。
ストレスは不安な気持ちを強くしたり、気持ちを落ち込ませたりします。

そういった精神状態で、療養生活を送るのが苦痛であることは想像に難くありません。
当院の緩和ケアにおける精神科医師は、こういった心の状態に対したケアを行っていきます。

精神科の診察は何か特別なことを行う訳ではありません。患者さんが抱えておられる悩みや不安、
その他話したいと思うことを自由に語っていただければと思います。

それをお聞きした上で、お気持ちを受け止め、問題点を整理するお手伝いをしていきます。
また、必要に応じて薬(睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬など)を処方したり、
より適切な相談先をご紹介したりしていきます。

 

看護師

看護の役割は「患者さんの命を守り生活を支えること」です。

緩和ケアをサポートするチームの一員として、「がん患者さんとご家族が可能な限り、その人らしく生活できる」
ことを目標として活動をしております。

私たち看護師は24時間いつでも患者さんのそばにいて、患者さんやご家族に、
今どのような援助が必要かということを的確に把握し、判断し、看護ケアを実践しております。

がんサポートチーム内では多職種と協働し、がん患者さんの治療と生活に関わることができるという
看護師の特徴を生かし、チーム内を調整する役割を担っております。
また、各病棟でがん患者さんやご家族のケアをしている病棟看護師のサポートもさせていただきます。

 

薬剤師

がん自体による症状や治療に伴う症状(副作用)などがん患者さんの心や身体に現れるさまざまなつらい症状を
コントロールするためには薬剤が有効です。

がんサポートチームの薬剤師は、多くの薬剤の中から個々の患者さんの症状や状態に適した薬剤を選択し、
安全で効果的な使用量や使用方法を考えます。

最適な薬剤調節をするためには、患者さんのご希望やご感想が最も参考になりますので
遠慮なく薬剤師にお話し下さい。
 
>薬剤科もご覧ください。

 

理学・作業療法士、言語聴覚士

がんやその治療によって、さまざまな障害が生じると家庭内での生活や学校や仕事復帰にあたって
大きな障害となり、生きることの質(QOL)は低下してしまいます。

障害には、手足の麻痺、話すことや食べ物を飲み込むことの障害、歩行障害や運動障害、腕や足のむくみ、
筋力・体力の低下など様々なものがあります。

リハビリテーションの役割は、これらの障害に対して理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)を
行い、患者さんの回復力やQOLを高めることにあります。

緩和ケアにおけるリハビリテーションの役割は、残存機能でできる範囲の日常生活動作の拡大を図り、
できる限り可能な最高のQOLを実現することだけでなく、
疼痛、しびれ、呼吸苦、浮腫などの症状緩和や精神心理面のサポートを行い、
患者さんやそのご家族が希望する限り介入を継続するようにします。
 
>リハビリテーション科もご覧ください。

 

管理栄養士

食欲不振・嘔吐・味覚障害等により食事を楽しみたいと思っていても、
実際に食べ物を目の前にすると食べることが出来ず、次第に食事の時間が憂鬱になり、
食べられないのに周囲からちゃんと食べなければとか栄養を摂らなければという理由で、
食事を勧められることが苦痛になるなど、さまざまな問題が生じてきます。

そのような中で、管理栄養士としてスムーズな食事を妨げる身体的苦痛を緩和したり、
食事そのものを楽しめるよう患者さんの嗜好を考慮し、具体的工夫を提案出来ればと思っています。
 
>栄養管理室もご覧ください。

 

医療ソーシャルワーカー(相談員)

人は誰でも常に健やかな安定した生活を望んでいます。
しかし、ある日突然の発病によって従来の生活が一変する場合が多くあります。

治療に伴い、患者さんだけでなく、ご家族へも心理的、社会的、経済的問題が生じる中、
安心して治療に専念できるよう、治療や療養の妨げになる生活上の不安、心配などの問題を一緒に考え、
解決への援助をさせていただくと共に、入院及び退院の支援を社会福祉の立場から担当し、
療養生活の安定を図らせていただきます。

人は皆、つながりの中で支えあい、助け合って生活しています。
どうぞ、お一人で悩むことなく、お気軽に医療ソーシャルワーカー(相談員)までご相談ください。
 
>総合相談室もご覧ください。

 

臨床心理士

闘病生活を続けていく中で、患者さんは身体の症状だけでなく、
不安や辛さの受け入れの難しさを抱えることが常であると思います。

しかし、困らせたくないとの思いから我慢しすぎてしまったり、
気がかりなことを医療スタッフに何となく伝えにくいと感じてしまうことは、ありがちなことではないでしょうか。

特に体の症状以外のことは知らせにくいと考えてしまう傾向はあるように思います。
この傾向は患者さんだけでなく、患者さんのご家族も同じで、
心のゆらぎはご自身の中で何とかしようと考えてしまいがちかもしれません。

臨床心理士は、じっくり時間をとって、患者さんやご家族の目線で思いを共有させていただこうと考えています。
お聴きした内容によってはお気持ちの整理を一緒にさせていただいたり、
解決可能なことは他の専門家を紹介したり、チームの中で検討をすることもできますので、
是非、お声掛けください。
 
>総合相談室もご覧ください。