緩和ケアの情報

がん医療における緩和ケア

「緩和ケアはがんが進行してから受けるもの」というイメージはありませんか?

がん患者さんやご家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、
あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面で辛さやストレスを感じます。

痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの身体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が
患者さんの日常生活を妨げることがあります。

中でも痛みはがんの早い時期にも、進んだ時期にも見られる症状です。
痛みが強いままではがんの治療も辛く、また生活への影響も大きくなってしまいます。    

緩和ケアは治療中のあらゆる期間の辛さや悩みに対応します。

がん医療における緩和ケアでは、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛について、
つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、
早い時期から患者さんとご家族の社会生活を含めて支える「緩和ケア」の考え方を取り入れていくことで、
患者さんとご家族の療養生活の質をより良いものにしていくことができます。