緩和ケアの情報

緩和ケア委員会より

委員会は医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学・作業療法士、
言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー(相談員)、臨床心理士、
事務職といった多職種により構成されており、がん患者さんに関わる
問題を様々な視点から見つめ、検討しています。

『全ての緩和ケアを必要とする患者さん』がより安心して生活できるようにすることが目的です。

一方、がんサポートチームの役割は、まさに今、いろんな症状等で困っておられる入院患者さんに対して、
主治医、病棟看護師と共にサポートすることです。
委員会所属の医師、看護師、薬剤師からなる少人数のチームで、直接病室にお伺いすることはありませんが、
縁の下の力持ちのような存在を目指して活動を行っています。

患者さん、ご家族の皆さん、これまで経験したことのない事態に直面して大変お困りのこととお察しします。
当院ではさまざまなサポートをご提供、ご案内できる可能性がありますので、
ご家族だけで抱えずに、ぜひ、身近な職員またはがん相談支援センターにご相談ください。