がん相談支援センター・その他の取り組みの情報

がん地域連携パスとは

「がん地域連携パス」とは、地域医療施設(かかりつけ医)と倉敷成人病センターの医師が、
がん患者さんの治療を協力して行うために治療経過を共有する「治療計画表」のことです。

「地域連携パス」を活用することで、患者さんの情報は、関係する医療機関で共有しますので、
同じ治療方針のもとで、患者さんは必要な治療を適切な医療機関においてスムーズに受けることができます。

 

がん地域連携パスのメリット

ご自宅近くの医療機関を受診していただくことで、通院時間の短縮や通院費用の軽減、
診察の待ち時間の短縮ができます。

かかりつけ医のもとで診察を受けていただくことで、がん以外の病気や、すでにかかっている病気に対しても、
身近に相談することができます。

治療計画や経過の把握がしやすくなります。

重複した検査・投薬を避けることができます。

 

岡山県統一版がん地域連携パス

当院で活用している「岡山県のがん地域連携クリティカルパス(対象疾患:胃・大腸・肝・肺・乳)」が
掲載されています。

岡山県がん診療連携協議会

http://www.okayama-ganshinryo.jp/