外来化学(がん薬物)療法の情報

がん薬物療法を受けられる患者さんへ

がん薬物療法の役割とは

代表的ながん治療には外科(手術)療法、放射線療法、薬物療法の3つがあります。
外科療法と放射線療法は局所療法と呼ばれ、
限られた部位のがん細胞を除去・死滅させるのに有効な治療法です。

一方、薬物療法は抗がん剤が血流にのって全身を巡りがん細胞を攻撃する治療法なので全身療法と
呼ばれています。がんは古くは全身病と呼ばれていた程の全身的な病気ですので、
全身をくまなく治療することのできる薬物療法は大変適した治療法だと考えられています。

 

がん薬物療法の目的とは

がん治療の最大の目的は患者さんの生命を保つことです。
当院で行う薬物療法は目的別に大きく以下の3種類に分類することができます。

〈1〉術前補助化学療法・・・明らかな転移がある場合やがん細胞を縮小させ手術範囲を小さくする目的で手術の前
に行う薬物療法です。

〈2〉術後補助化学療法・・・手術で取りきれなかったがん細胞や転移の可能性がある場合に将来的な再発を
予防する目的で手術の後に行う薬物療法です。

〈3〉再発・進行治療・・・再発や転移または手術が行えないがんに対して行う薬物療法です。
もちろんがん細胞の死滅が究極の目的であることは間違いありませんが、がん細胞の増殖を抑えて病気の進行を
遅らせること、がん細胞を縮小させて痛みなどの症状を取り去ることも目的として設定されます。

 

【抗がん剤とは】

がん薬物療法に使用する薬剤を一般的に抗がん剤と呼びます。
抗がん剤には作用や投与方法の違いから様々な種類があり、がんの種類や進行の度合い、症状や全身状態、
患者さんの希望などを考慮した上で適した薬剤が選択されます。

また、薬物療法では抗がん剤のそれぞれの長所を活かしたり、
副作用を軽くしたりする目的で2種類以上の抗がん剤を組み合わせて使用する多剤併用療法も頻繁に行われます。

【副作用とは】

抗がん剤にはがん細胞を攻撃するとともに正常な細胞までも傷つけてしまう作用があり、
これを副作用と呼びます。

理想的な抗がん剤とはがん細胞だけに作用して正常な細胞には作用しない薬剤ですが、
残念ながらそのような抗がん剤は現在のところ存在しません。副作用の出現や程度には個人差がありますが、
薬物療法を安全に行うためには副作用を最小限に抑える工夫が必要となります。
 
>副作用についての詳細はこちら

 

がん薬物療法のすすめ方

薬物療法は使用する抗がん剤によってさまざまな治療法があります。
それぞれの治療法はプロトコールと呼ばれる治療計画に沿って行われます。
プロトコールでは投与量・投与間隔・休薬期間などが決められています。

通常、投与期間と休薬期間を合わせた期間を1コースとし、治療効果の判定や治療の区切りの目安とします。
治療効果は定期的にCTなどの画像や血液データから判定し、有効であれば治療の継続を、
無効であれば治療法の変更を行います。

ただし、がん治療的には有効な場合であっても重大な副作用が出現すれば抗がん剤の減量・中止を
せざるを得ません。
薬物療法の効果を最大限に活かすためには副作用を予防し、早期に対処することが大変重要です。

【大切なこと】

お分かりのように副作用を上手にコントロールすることが薬物療法の効果を最大限に引き出すカギとなります。
副作用のコントロールは患者さんと医療スタッフが協力してこそ達成できるものです。
以下の点をよく理解して治療に臨みましょう。

 

〈医療スタッフ側の役割〉

情報提供:
副作用の種類、出現しやすい時期、対処法などを患者さんにお伝えします。

問診、データ分析:
患者さんからの情報や画像・血液データなどから副作用の出現の有無や程度を把握します。

支持療法:
予想される副作用の予防や軽減を目的に抗アレルギー剤や吐き気止めなどの薬剤を投与します。

対症療法:
出現してしまった副作用を軽減する目的で薬剤の投与やリハビリなどを行います。

 

〈患者さん側の役割〉

自己管理:
医療スタッフからの情報を元に副作用の予防に配慮した生活を送る。副作用の出現の有無や程度を観察する。
処方された薬剤を症状に合わせて服用する。など患者さん自身も治療に参加しているという心構えが必要です。

医療スタッフへの情報提供:
体調の変化は患者さん本人にしか分からないことです。『違和感があるがこれぐらいなら我慢できる』と
黙っておくことで取り返しのつかないことになりかねません。

体調の変化や異常に気付いたら些細なことでも医療スタッフに報告してください。
また、分からないこと不安なことがあれば気軽にご相談ください。
 
>副作用についての詳細はこちら

 

0