他関連ページ

home臨床研修医募集先輩達からのメッセージ

全ての先輩医師が相談相手になってくれる頼れる病院です。

倉敷成人病センターにおける初期研修1年目がまもなく終わろうとしています。
まだまだ自分の知識や判断に不安を覚えることも多いですが、なんとかなるものです。

当院は中規模病院で、ほぼ全員の先輩医師の方々と顔見知りになれます。
優しい方ばかりで怒鳴られるようなことはなく、困ったときには指導医以外の先生にも気軽に相談でき
ます。先輩医師が「今は何をやっているの?」と相談しなくても首を突っ込んできてくれる。
そんな雰囲気が当院にはあります。

また、コメディカルとの関係も円滑で、 余計なことに頭を悩ますことはありません。
全科が揃っているわけではないので興味のある科がなければ仕方ないですが、
将来希望する科があるのであれば、頼れる先輩医師の集まる当院での研修をおすすめします。

↑ページトップ

専門性の高い病院で研修することのメリットを知ってください。

私は1年目の研修医として内科 6ヶ月、外科3ヶ月の研修を終え、麻酔科のローテート中です。

中規模市中病院である当院では、ベッド数、症例数は大学病院に比べると少なく、全科が揃っているわけ
ではありません。当然経験出来ない科もありますが、その反面、一つ一つの症例に時間をかけることが
出来ます。

また、研修医の数も少ないことから、珍しい症例や手技を、指導医以外の先生からも指導して頂けます。

加えて二度、 学会での症例発表の機会を頂き、内科指導医の先生から指導頂きました。
初期研修では、どの病院を選んでも、メリット・デメリットがあると思いますが、専門性の高い科の集ま
る当院での研修は私にとって、大変貴重な経験となっています。

↑ページトップ

研修医への万全のサポートが魅力

私は、初期研修を大学病院、400床の民間病院で行い、平成24年より内科で後期研修をしています。
この病院の良さは、看護師さんをはじめスタッフがとても親切で働きやすいこと、また、保険の書類など
を事務の方がサポートしてくれることです。

内科の特色は、消化器内科、糖尿病代謝内科の指導医の先生が在籍され、消化器内科疾患、糖尿病、
肺炎、皮膚感染症など様々な経験ができることです。また、肝臓内科の先生も相談にのってくださいます。

さらに、リウマチ膠原病センターの回診希望があれば、入院の患者さんを受け持つことも可能です。
総合内科、消化器内科、肝臓内科、膠原病内科を望む方にはお勧めの病院であると思います。

↑ページトップ

リウマチ・膠原病を学ぶなら当院へ

私は平成20年に岡山大学を卒業し、初期研修を岡山済生会総合病院で行いました。
その後、平成23年4月より当院のリウマチ膠原病センターで後期研修をしています。

私がこの病院を後期研修の場に選んだ理由は3つあります。

1つ目はリウマチ・膠原病の症例が豊富で、優秀な指導医が多くいることです。特に膠原病は岡山県内の
患者の半数近くが当院に集まります。

2つ目は、アットホームな雰囲気を気に入ったためです。スタッフがとても親切で働きやすい職場です。

3つ目は施設がとてもきれいなことです。 病棟は平成16年に建て替えられましたが、まだ院内はピカピカ
で毎日が気持ちよく過ごせます。

リウマチ・膠原病を学びたい方には当院での後期研修お勧めします。

↑ページトップ